1. TOP
  2. 白髪ケア
  3. 男の白髪を目立たなくする7つの方法!ちらほら増えだした白髪にはこんな対策を。

男の白髪を目立たなくする7つの方法!ちらほら増えだした白髪にはこんな対策を。

白髪はたとえ数本あるだけでも、気分的に何となく老けたように思いますよね。

ちらほら見えだすとそこからはスピードが加速して、一気に白髪頭になってしまうこともあります。

男性の白髪を目立たなくする方法がないか、日夜探し求める人は多いでしょう。

年齢とともに増えてしまう白髪は手の施しようがないようで不安になりますが、目立たなくする方法は実は色々あるのです。

白髪のせいで自信喪失している方、今日から早速、白髪を目立たなくする方法で魅力を全開にしてみませんか。

 

Sponsored Link

ちらほらと白髪が、、何とかしたい。。

白髪が目立たないように帽子をかぶったり、分け目をいつも同じにするなど、面倒な白髪対策はストレスになりますよね。

最近は若い男性にも増えている白髪は、実年齢よりも老けて見える原因になり、カラーリングなどで頭皮に刺激を与え続けてしまう人も少なくありません。

そもそも白髪は、頭皮の栄養不足、生活習慣、ストレスなど、様々な原因が複雑に重なり、詳しい理由はいまだに解明されていないともいわれています。

白髪はなぜ生え際や頭頂部など、人にわかりやすいところに多く出てくるのか、その理由はこれらの部分は加齢とともに頭皮が引っ張られてしまい、毛根に負担がかかりやすいからなのです。

 

白髪の原因は、実ははっきりしていない

白髪が発生する仕組みはわからない部分も大変多く、すぐに白髪が消えるような方法は現在発明されていません。

メカニズムがわかりにくい白髪ではありますが、原因として考えられるものはいくつか存在します。

そもそも髪の毛はメラニン色素により色が決まり、メラノサイトという細胞で色素が作られています。

髪に色素が取り込まれると黒髪となり生えてくるのですが、この色素の生成で何かしらの問題があると髪に色がつかずに白髪になってしまいます。

色素形成ができない理由として考えられることは、頭皮環境の栄養不足、血行不良、睡眠不足、ストレスなどがあります。

白髪はライフスタイルの違いによって理由も異なりますので、一概に特定の方法が必ず効果があるとは言えません。

そこでまずは、これからご紹介する白髪を目立たなくする方法で、自分に合う対策からスタートしてみましょう。

 

男の白髪を目立たなくする10の方法を紹介!

 

① 白髪染め

市販の白髪染めを使って白髪対策をしようと思っても、いざお店にいったら種類がありすぎてどれがいいのかわからないことがありますよね。

白髪染には種類がありますので大きく分けて4つのタイプのそれぞれの特徴をご説明します。

 

・ヘアカラー 

白髪染めで最も一般的なタイプで乳液やクリームなど異なるテクスチャーがあります。

髪を一度脱色して染料を染み込ませるため、カバー力が高く持続時間も長持ちすることが特徴です。

 

・ヘアマニキュア

髪表面に染料をつけるものなのでシャンプーするたびに色落ちしてしまいます。

キューティクルのコーティング効果がありますのでツヤだしにはとてもメリットになります。

 

・ヘアトリートメント

トリートメントとしてシャンプー後に使用して髪の表面に染料を定着させるメカニズム。

しっかり染まるまでには時間がかかりますが髪へのダメージが少ない点がメリットです。

 

・部分染め

生えてきた部分だけのリタッチや、白髪が多い部分だけを小さいコームを使って染めるタイプ。

髪全体のダメージがない点がメリットです。

市販の白髪染めは刺激の強いタイプもあり、ヘアカラータイプは頻繁に使うと頭皮環境が悪く原因です。

そこで、安全に白髪染めをするには、食材を使って家庭できる方法もオススメです。

たとえばハーブで人気のセージは、茶色の髪の人によい白髪を目立たなくする方法。

使い方は500mlのお湯で紅茶を作り、セージを一握りプラスして冷ましてリンス代わりに使います。

またローズマリーは同様に、ハーブティーを作り冷ましたら、スプレーボトルに入れてヘアスプレーにオススメ。

カモミールとターメリックは熱湯で浸した後にリンスとして使用してください。

ハーブを使った方法は髪から色素が抜けてしまうのを遅らせる効果があり、しかも天然素材なので肌にも安心ですね。

 

また薄毛も同時に心配な男性には「haru黒髪シャンプー」が良いでしょう。

無添加で天然成分100%のシャンプー、しかも育毛成分の「キャピキシル」が配合されていますので、発毛や育毛効果も期待できます。

ヘアケアプロとの共同開発で生まれたシャンプーなので、安心して効率的な白髪対策や頭皮ケアができるので参考にしてくださいね。

 

>> haru黒髪シャンプーの詳細はこちら

 

 

② カラーリング

白髪を目立たなくするには、男性も女性のようにカラーリングでおしゃれを楽しんでみましょう。

仕事によっては黒髪でないとダメな場合もありますので、おしゃれにそれほど厳しくない職場環境の方はカラーリングで簡単に白髪をカバーして、見た年齢も若く素敵にイメチェンすると素敵ですね。

真っ黒な髪に白髪があるととても存在感が出てしまいますが、地毛が明るい人ほど白髪は目立たないものです。

この発想を生かしてできるだけ明るめのカラーやアッシュ系、グリーン系にするとうまくブレンドされて白髪が目立たなくなります。

カラーリングはアルカリ性の薬剤でキューティクルを開き、染料を髪のなかに入れていきます。

そのため繰り返し使用すると、髪が弱くなるだけでなく、頭皮環境も不安定になってしまう点がデメリット

またカバー力が高い黒系のカラーを使うとその時はいいのですが、髪が伸び始めると白とのコントラストがはっきりして、白髪が目立ちやすいという点にも注意が必要ですね。

カラーリングのように極端な効果が出やすいものよりも、頭皮に安全で自然にカラーリングをする方法としてカラートリートメントがあります。

利尻カラートリートメント」は髪の栄養としておなじみの海藻、利尻昆布エキスを使用したトリートメントで頭皮がデリケートな人でも安心して毎日使用できます。

利尻トリートメントはライトブラウン、ブラックなど色は合計で4種類。

4つのイオン色素が痛んだマイナスイオンを持つ髪に引き寄せられるように結合し、綺麗な発色効果が得られます。

美容成分も豊富に含まれていますので、市販白髪染特有のヒリヒリ感やツーンとしたニオイが苦手な人にもオススメです。

 

>>利尻ヘアカラートリートメントの公式HP

 

 

③ 髪型を変える

白髪を目立たなくするためには髪型でごまかすのも方法のひとつです。

 

・分け目を変える

分け目によって白髪が多く生えていえる部分がありますので、髪の分け方によってははっきりと目立ってしまう場合がありますよね。

表面に出ないように隠すには、分け目を少しずらすだけでも効果があり、きっちり線を引くように分けるよりもなんとなくぼかしておくほうが安心です。

分け目にある白髪は光で反射しやすいのでどうしても目立つ存在ですよね。

いつも同じ分け目にしているとそこだけ地肌が見えやすくなるので、薄毛が心配な方も定期的に分け目を変えてみましょう。

 

・パーマをかける

白髪はピンと頭部から張りだしやすく、ストレートヘアだと白髪だけが飛び出しているように見えることも。

パーマをかけて毛先に動きをつければこんな白髪もウェーブのなかに混ざり目立たなくなります

またパーマをかけると頭頂部の分け目もふんわりして、部分的に多く生える白髪もごまかしやすくするメリットもありますのでぜひトライしてみましょう。

 

・ウィッグを活用する

カラーリングしても、髪が伸びるとすぐに根元部分の白髪が目立ちますよね。

何度も白髪染めすると抜け毛や薄毛の心配も増えてしまい、悪循環が続くばかりです。

そんな生え際や分け目にでてくる白髪を染めずにしばらく隠すなら、ウイッグの活用も検討してみるとよいでしょう。

年齢とともに頭頂部が透けて見えるほど髪の量が減ってきますよね。

ウィッグなら髪をふんわり見せてボリュームをアップしてくれますし、さらに頭皮にダメージを与えずに白髪がしっかりカバーできます。

 

・つむじの流れに合わせる

つむじの流れに逆らって髪を分けると、根元部分がはっきりとわかるため、白髪が多い人にはデメリットになってしまうでしょう。

つむじ部分は毛の流れに合わせて分け目を作ると、髪の量も自然とボリュームアップしたように見えますので、頭皮の薄さが心配な方もこれなら安心です。

同じ分け目になるのが心配な時は、休みの日だけなどほかの分け目にしておくのも方法のひとつですよ。

 

・短髪にしない

刈り上げのように極端に短いヘアースタイルだと、早い場合は1週間ぐらいで白髪でキラキラと光って見えはじめます。

髪型的には短髪のほうがすっきりして若作りにはメリットになりますが、白髪を目立たなくするならできれば短髪は避けたほうが良いでしょう。

もし短くするなら、サイドは少し長めにして白髪が出てきても時間かせぎができるように工夫してください。

白髪の生えやすい部分の長さをうまく調整した髪型がオススメですよ。

 

白髪が目立たない髪型、白髪を生かす髪型、こちらの記事でまとめています。

関連記事40代男の白髪対策!白髪が目立たない好感度高めのカッコいい髪型まとめ。

 

 

④ 白髪隠し

出かけるときだけ白髪を隠したい時には、一時的にカバーするアイテムがありますので、使いやすいタイプを活用してみましょう。

 

・スティックタイプ

販売サイト:自然派club サスティ

スティックタイプは筒のような容器で先端部分がブラシになっていますので、そのまま白髪部分に色をつけられます。

生え際や分け目の白髪など、長さが短いところに使いやすく、広範囲で白髪をカバーをしたい時にも良いでしょう。

スティックタイプは根元部分の白髪隠しとしてはとても使いやすいのですが、長い髪だと使いにくい面もありますので、万が一のためにいつもカバンに入れて携帯しておくといいかもしれませんね。

 

・スプレータイプ

販売サイト:Amazon

スプレータイプの白髪染めは一般的に使われ、白髪の気になる部分にスプレーするだけで広範囲に使える点が魅力です。

スプレーはその場ですぐに隠したい時に一気に使えるので、ぽつぽつと生えている白髪をまとめてカバーしたい時も簡単で便利。

ただし、スプレータイプは的をしっかり定めておかないとおでこや洋服、周囲にも染料がついてしまう場合がありますのでご注意ください。

色落ちしやすいタイプもあるので乾くまで時間を置いたほうが安全です。

 

・マスカラタイプ

画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/

マスカラタイプはまつ毛に使うメイクアイテムのような形の白髪染め。

細長い容器のふたを開けると、キャップ部分に細い長いブラシがついていますので、先端部分を使って白髪に色を塗っていきます。

白髪の数が少ない人や、1本ごと丁寧にカバーしたい時にはマスカラタイプは最適です。

しかし、髪の根元や全体的に白髪がまだらに生えている場合など、広範囲に使うのは大変手間になりますし、さらにマスカラはダマになりやすい点も注意して使ってくださいね。

 

・ファンデーションタイプ

パウダーのファンデーションタイプは、白髪が目立つところにメイクをするように粉をつけてカバーします。

粉なので吹き飛んでしまいそうな不安もあるかと思いますが、髪に密着するパウダーを使っていますので、すぐに剥がれ落ちてしまう心配はありません。

根元、分け目、全体的に生える白髪対策がスピーディにできる点がファンデーションタイプの魅力といえますね。

また液体の染料とは違い、手についてもすぐに落とせるのでお手入れが楽です。

 

⑤ 白髪を目だたなくする整髪料を使う

男性の白髪を目立たなくする方法としては整髪料でカバーすることもオススメです。

 

・白髪染めのワックス

販売先:楽天市場

スタイリングで使用するワックスに染料が含まれたタイプで、髪全体の白髪をカバーする効果があります。

ワックスを手のひらにつけると真っ黒な墨のような感じですが、このまま髪全体に馴染ませてスタイルも同時にできるので忙しい人にも大変便利なアイテムです。

ただしワックスとしての強さは多少弱めな為、髪をツンツンに立たせたい時には普通のワックスを使ったほうが良いでしょう。

また雨や汗で染料が流れてしまうこともありますし、枕カバーに色落ちする危険もあります。

 

・白髪染めのジェル

販売先:楽天市場

メカニズムとしてはワックスと同じ働きをする白髪染めのジェル。

スタイリングはワックスよりも強く、ジェルのほうが使用感がさらっとしているので若い男性にも人気があります。

色はワックスよりも若干薄めになっていますので、白髪の量が少ない人や髪の艶出しをしたい時にジェルを使うとよいでしょう。

白髪染で髪がパサついている人、加齢により髪のコシが不足している時などはワックスよりもジェルのほうがオススメです。

 

⑥ 頭皮マッサージ、ツボ押し

白髪は表面だけのケアよりも内面からアプローチして、白髪が生えにくい頭皮環境を作ることも大切です。

 

・マッサージ 

頭頂部は意外と知らない人が多いのですが、脳の指令で動かせる筋肉がありません。

そのためマッサージをしないと、頭皮が硬化して血行不良の原因になりますので、黒髪に必要な栄養や酸素、ホルモンの働きが頭部まで十分に届かなくなってしまいます。

頭皮マッサージは1日1分、指の腹を使い両手で頭を掴むようにしてマッサージしてください。

体の先端部分である頭は血液が届くのが一番最後になるため、マッサージは白髪予防にメリットになりますよ。

 

・ツボ

ツボは血行不良による白髪原因を改善するために効果的な方法といわれています。

ツボを押すとリラックス効果も高まりますので、ストレスによる抜け毛や白髪も予防できるでしょう

簡単なツボは頭頂部にある「正営」というツボで、指で押すと軽く痛みを感じるところがツボの位置。

ここを軽く押してパッと離し、なんどか刺激を与えましょう。

正営は白髪予防によい血行改善、抜け毛予防、薄毛にもメリットがありますよ。

これ以外にも白髪によいツボは全身にありますので刺激しやすいスポットを探して刺激してみましょう。

 

白髪に効くツボについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事白髪に効く12個のツボと、白髪予防に効果的な頭皮マッサージ法とは?

 

 

⑦ 生活習慣の改善

白髪対策は髪や頭皮を活性化するために生活習慣の見直しも時には必要です。以下のポイントも白髪対策にぜひプラスしてください。

 

・食事

白髪をすべてなくすのは困難ですが、少しずつ減らしていくことは可能です。

食事は白髪を減らすための栄養補給として大切なので、特にこだわりたい栄養についていくつか覚えておきましょう。

髪に良いといわれる食べ物にはまず海藻がありますよね。

わかめや昆布などにはヨウ素と呼ばれる成分が含まれ、ホルモンの働きを活発にする働きを持っています。

ホルモンの分泌が低下する中高年齢層になると白髪も多く目立ち始めますので、加齢による白髪対策には海藻類はメリットになりますね。

また肉類大豆などのタンパク質は髪を構成する土台となる大切な栄養素

ビタミン類もメラニン色素の働きに影響を与えますので、栄養補給は特定の種類だけにこだわらずバランスよく食事から摂取することが大切です。

また男性の白髪の場合、亜鉛、ビオチン、カルシウムなどのミネラルが不足しがちになるため食べ物やサプリメントから補うことも重要です。

栄養価が高い食べ物としては納豆や黒ゴマなどが白髪対策に大変バランスが良いので、毎日の食事で積極的にプラスしていきましょう。

一日3食必ず食べて喫煙や飲酒などはなるべく控え、健康的な生活をスタートすることが白髪対策にも欠かせません。

 

白髪に良い食事については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事白髪に効く食べ物・栄養素11選!白髪をこれ以上増やさないための食生活改善法。

 

 

・運動

運動不足と白髪にはどんな関係があるのか一見理解しがたいところですが、加齢とともに増える白髪はホルモンの働きが低下することが要因のひとつです。

運動は健康促進に欠かせないことなので白髪がなくても定期的に続けたいことのひとつ。

特に白髪で悩んでいる方は、成長ホルモンを活発にする無酸素運動がオススメです。成長ホルモンはメラノサイトや発毛機能を活発にする働きがあります

しかし、年齢とともに減少するためホルモン不足で白髪が生えやすい状態に。

このサイクルを改善するためには筋トレなどの無酸素運動を定期的にはじめましょう。

もちろんジョギングやウォーキングなどの有酸素運動も血行促進になりますので、頭皮環境を健康にするメリットにつながっています。

白髪をターゲットにする場合は、腕立て伏せや腹筋、ウェイトトレーニングなどでマッチョな体つくりを始めるといいですよ。

無酸素運動は、体内で疲労物質の乳酸が多く発生して、成長ホルモンが活発になる仕組みになっています

運動はメタボ予防にも良いので、普段からなるべく体を動かす習慣を付けエレベーターよりも階段を使う、椅子に座っている間も腹筋に力を入れるなど、チャンスがあるごとに筋トレを意識してください。

 

・睡眠

睡眠不足はあらゆる病気を招く要因なのは皆さんわかっていても、仕事で残業、飲み会などどうしても深夜になってしまうことがありますよね。

朝すっきり起きられないのは疲労が溜まっているサイン。

これでは頭皮環境も悪く、白髪以外にも薄毛や抜け毛が増える原因になってしまいますよ。

睡眠中はメラニン色素に働きかける成長ホルモンが多く作られる時で、深夜10時~2時までが一番ホルモンが活発になる時間帯です。

白髪を減らすためにはこの時間帯にぐっすり寝ていることが秘訣になりますので、毎日遅くても深夜までには寝る習慣をつくりましょう。

白髪が多くなる40代以降の男性は睡眠不足の人がとても多いといわれています。

睡眠不足が慢性的に続くと、自律神経の働きが不安定になり、常に交感神経が優位になった状態。

すると些細なことでもカッとなったりイライラするのでストレスもたまりやすくなり、ホルモン活動にも悪影響になってしまいます。

白髪対策としては早寝早起きを続けることがまず最初のステップ。

一日の疲れを質のよい睡眠で回復させ、体の細胞の働きを活発にしてください。

そうしないといくら白髪に良い影響補給しても頭皮まで到達せず、なかなか黒髪が増えてきませんよ。

 

・ストレス解消

ストレス解消になること、なにか毎日続けていますか?

心配なことがあると一気に白髪が増えるなんて言われますが、ストレスは体内で大量に活性酸素を作り出す要因になります。

活性酸素は体の細胞を劣化させて老化を進めるため、髪の色素を作るメラノサイトの働きが低下してしまうのです。

またストレスは交感神経を優位にしますので、いつもイライラして血管が収縮され、血液の流れが悪くなることも。

普段何気なく感じているストレスこそが、蓄積された時にとても深刻な健康被害にもなってしまいます。

仕事や職場の人間関係のストレスはできれば完全になくしたいものですが、世の中にはあちこちにイライラする原因が隠されています。

白髪が増える自分の姿を鏡で見ること自体がストレスになる人もいるでしょう。

こんな悪いサイクルから解放されるためには、ストレスをなくすことよりもうまく付き合っていくコツを身に着けてください。

疲れた時、なにもやる気がしない時は一人でのんびりテレビを見て過ごすのもよいでしょう。

お風呂にゆっくり入り、血行を改善し気分をリフレッシュすることも白髪対策には効果的です

普段から自分に一番あった癒し方法を身に着けていざという時に活用してください。

 

まとめ

男性の白髪を目立たなくするには白髪染めをはじめ、ツボのマッサージや食生活などあらゆる方法がありますので、今日からすぐにできることからまずはじめてください。

効果がなければほかの方法にもトライして、楽しみながら白髪対策を続けてください。意外な方法が白髪を減らすきっかけになるかもしれませんよ。

 

自然に白髪対策したい男性に、白髪に効くシャンプー、トリートメントが選ばれています。

関連記事白髪に効くシャンプー・トリートメントおすすめ10選!男の髪や頭皮にも優しい人気商品を紹介。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集長:アベル
2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格

メンズクエスト編集長のアベルです。
体脂肪25%から9.6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。

もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。

また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。

カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

関連記事

  • 男を悩ます白髪の対策方法11選!ポツポツと気になり出したら早めの対策を。

  • 白髪が多い人の10の特徴。なんで俺だけこんなに白髪が生えてるの!?

  • 白髪に効く12個のツボと、白髪予防に効果的な頭皮マッサージ法とは?

  • 白髪の生える場所には意味がある!? 生えている場所で分かる健康状態と対処法。

  • 白髪に良い飲み物10選!白髪を改善する飲み物と悪化させる飲み物とは?

  • 40代男の白髪対策!白髪が目立たない好感度高めのカッコいい髪型まとめ。