1. TOP
  2. 未分類
  3. 日焼けのし過ぎは要注意!男のシミの予防法とできた後の対策法まとめ。

日焼けのし過ぎは要注意!男のシミの予防法とできた後の対策法まとめ。

日焼けをするとシミやそばかすができるよ、なんていわれてもさほど気にしなかった若い頃。

しかし30代を過ぎると肌の老化も徐々に気になり、シミがあちこちに現れ不安になることがありませんか。シミは女性だけの肌トラブルでなく、男性にとっても見た目年齢が老けてしまう要因です。

シミだらけになると肌が汚れて見えることもあり、好感度も下がってしまうでしょう。

しかしスキンケアの知識が豊富な男性は意外に少なく、シミ対策をするのはちょっと大変。そこで早速ですが男性のシミ対策のコツについて詳しくご紹介しましょう。

 

Sponsored Link

シミができる原因とメカニズム

シミができるのは加齢によるもの、そう簡単に片づけてはいけない理由がいくつかあります。

一番の原因は日焼けによるもの、しかし肌が小麦色になるまでやかなくても、紫外線のダメージはたっぷり体に受けているのです。

 

紫外線とシミの関係

メラニン色素という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、メラニン色素は私たちの皮膚を紫外線から守る大切な働きをしています。

皮膚の一番外側にある表皮は一番下のメラノサイトや一番上のケラチノサイトなどで構成され、紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発に働きます。するとメラノサイトでメラニン色素がつくられ、ケラチノサイトに届き紫外線のダメージから肌を守っているのです。

肌はターンオーバーという新陳代謝で老廃物を定期的に排出しています。本来ならば日焼けして作られたメラニンもターンオーバーの28日周期ごとに細胞と一緒にはがれ落ちるのですが、何かしらの原因で肌に残ってしまうことがシミの原因です。

めったに日焼けしない人が紫外線を浴びた場合はダメージから回復されやすいのですが、習慣的に日焼けしたり屋外で過ごす時間が多い人は、紫外線により活性酸素が体内で発生し肌細胞が劣化しやすくなっています。

すると紫外線を浴びるとメラニンが過剰生産されシミができやすい肌環境になるといえるでしょう。

活性酸素は紫外線だけでなく睡眠不足や栄養不足、血行不良なども原因になるので外側と内側から肌の健康を守る習慣が大切ですね。

 

紫外線が体に与える怖いリスク

小麦色にやけた肌は体型を引き締めかっこよく見せるコツ、しかし紫外線は健康上にもたらす様々なリスクを考えておかないといけません。

美容的にはシミやそばかす、シワ、乾燥肌などの肌トラブルがあり、紫外線で皮脂腺が活発になり肌のテカリが増えてしまうこともあるでしょう。また皮膚に与える刺激が強いため悪性の皮膚がんの腫瘍ができる場合も。

皮膚以外には眼球に及ぼすリスクもあり、白内障や角膜炎、失明に至る危険性もありますので日焼けは肌だけでなく目も注意が必要です。

紫外線はUVB・UVA・UVCの3種類があり、肌に影響を与えるものはUVAとUVB。シミなどの色素沈着を起こすUVBだけでなく皮膚の真皮層の深部まで届くUVAは、コラーゲンなどの肌のハリ成分を破壊する働きがあるため、たるみやほうれい線などの要因にもなります。

慢性的に紫外線を浴びると肌細胞の光老化が起こり、活性酸素が増えるたびにがん細胞が活性する恐れもあるのです。

とくに色白の人や敏感肌は肌のバリア機能が弱いので紫外線のダメージを受けやすく、肌の老化が進行しやすい特徴があります。シミなどの肌トラブルは紫外線の強さや時間と比例して進行するもの。日焼けした翌日にシミだらけになることはありませんが、数年経過してから皮膚障害が表面に現れてきます。

今濃いシミがいつくかある場合、正しくシミ対策しないと皮膚の下で待機しているシミ予備軍がいるので注意が必要ですよ。

 

シミに対する意識の変化

小麦色にやけた肌はとても健康的で女性からモテるための必須条件だと考える男性はとても多いでしょう。若い時はアウトドアや海水浴など、肌を太陽にさらす時間をわざと増やして肌が褐色になるまで日焼けしようと頑張ったと思います。

しかし年齢とともに肌の老化が気になりだし、男性でも約8割の人が若い時の無謀な日焼けが現在のシミ原因になっていると認識しているという統計があります。

シミトラブルを抱えている男性の6割は過去の日焼けを悔やみ、正しくシミ対策をすればよかったと思っているようです。

 

日焼けがかっこいいと思った若い時代

有名なアスリートを見ると皆さん体ががっしり引き締まり筋トレの成果がよくわかりますよね。しかしそれだけでなくスポーツをしている人が女性から素敵に見えるのは、屋外で過ごし肌がほどよく日焼けしているため。

昔は「丘サーファー」なんて言葉があったように海に入らずただ肌をやく男性もかなり多く存在しました。

かっこく見せたいため、約8割ほどの男性は定期的にテニスやランニング、サッカーなどをの屋外のスポーツで日焼けしたともいわれています。

意識的に若いころ日焼けしていた男性の4割近くは、肌が小麦色のほうが異性からモテると思ってがんばっていたようです。健康的、アクティブに見える、スポーツが得意そうにみえる、格好いい、仕事ができる、そんなプラスな印象を目指し日焼けした肌を目指したのでしょうね。

 

それでも、男は日焼け後のお手入れをしない

男性はもともとスキンケアに時間をかける習慣は少なく、肌に与える様々な刺激に対して普段から対策はあまりしないでしょう。

日焼けに夢中になっていた若い頃はとくに肌がまだ元気で健康なので、将来に向けた予防ケアをする人はほとんどいないと思います。若いときに日焼けをしていた男性、当時日焼け止めローションなどを使い前後のお手入れをした人は全体のたった2割程度。

紫外線がどんなダメージを肌に与えるかよりも、とにかく日焼けしたい気持でいっぱいで正し紫外線対策をしなかった男性がほとんどなのです。

 

すると、シミがだんだんと気になってきた

男性の肌トラブルで一番多いものが肌の乾燥、続いてシミ、そしてシワとなっています。シミは全体の3割以上が肌の悩みとして抱えている問題、乾燥やシワも実はシミと同じ紫外線が招く肌トラブルのひとつです。

加齢による肌の老化はどうしても避けられないことですが、老化スピードを遅らせることや、症状を予防することは可能。シミも多くの男性が抱える問題で、どうしていいか対策がわからずに困っている人が増えています。

シミが気になるのはどんな時ですか、という質問に対して8割以上の男性が「鏡をみたとき」と回答しています。ほかにもビジネスシーン、同世代の人と比較したときなど周囲の視線が気になることがシミの存在に気が付くきっかけになるようです。

 

男性の美意識の変化「シミ対策をしなければ!」

シミに対して良いイメージを持つ人は男女ともに少なく、できればシミがない綺麗な肌で歳を重ねたいと思いますよね。

シミに対しては7割の人が老けて見える、半数がかっこ悪いと感じるなどマイナス的なイメージが圧倒的。しかしシミの悩みを抱えていてもシミ対策の方法がわからない、またはあきらめている為とくにケアをしない人が全体の9割近くにものぼります。

近年男性の美意識が高まりメンズ化粧品なども種類が増えていますよね。シミ対策がわかればできれば実践したいと考える男性はとても多く、肌年齢を少しでも若く見せたいと考えるのは女性も男性も同じなのです。

いまさら過去の日焼けを悔やんでも時はすでに遅し。しかしこれから徹底的にシミ対策をすれば予防と改善は可能なのです。濃いシミを薄くすること、シミ予備群を増やさないなど、あらゆる角度からアプローチしていきましょう。

 

男のシミ対策!シミができる前の対策

シミはできたものを消すよりも作らないことが大切。そこで予防効果が高いシミ対策の方法についてご紹介したいと思います。

 

① 日焼け止めを使う

紫外線はUVAとUVBという種類があり、シミの原因となるものがUVA。

日焼け止めには様々なタイプがあり、「PA+」と表示されているものがUVAの防衛指数で+の数が多いほどシミ予防になります。

紫外線はぎらぎら照りつける太陽だけでなく曇りや窓ガラスを通して室内でも肌にダメージを与えるので、普段から日焼け止めを使う習慣を作りましょう。

クリームタイプ、ローション、スプレー、ジェルなどがありますので、汗をかきやすい時は肌に密着度が高いクリームタイプがオススメ。数時間ごとに塗りなおし寝る前に必ず洗顔料を使いきれいに洗い流しましょう。

 

関連記事男も日焼け止めはマストアイテム!男性におススメの日焼け止め20選

 

 

② フェイスシートを使う

紫外線を浴びると肌が炎症を起こしデリケートな状態になってしまいます。

健康な状態に維持するためにはビタミンなどの栄養がたっぷり含まれたシートタイプのマスクがオススメ。

乾燥肌はバリア機能が弱く紫外線のダメージを受けやすいので普段からフェイスシートを使い保湿ケアをしましょう。さらにフェイスシートには肌を冷却する成分が配合されているタイプもありますので、ヒリヒリ感が気になるときのケアにも使えます。

 

③ ビタミンC摂取

ビタミンCは果物や野菜にたっぷり含まれる大切な栄養素。メラニン色素を抑制する働きがあることや、紫外線を浴びて発生する体内の活性酸素を減らす抗酸化作用が高いこともシミ対策にメリットを与えてくれます。

ビタミンCを含むスキンケアを使うのもよいのですが、食生活からアプローチしてシミができにくい体にすることも大切。食生活が不安定な方はサプリメントを使ってアプローチするのもよいでしょう。

ビタミンCは熱や水分に弱い成分なので、果物や野菜を食べるときはできるだけ生にすること。調理する場合はスープなどで丸ごと栄養補給してくださいね。

 

男のシミ対策!シミができてしまった後の対策

 

【隠す方法】

① メンズ用コンシーラー

引用元:Amazon

コンシーラーはスポットケアをするためのもので、肌全体につけずシミだけをカバーするアイテム。肌が弱い人も部分的に使えるので安心ですが、コンシーラーは肌のトーンに合わせないとその部分だけが明るく浮いてしまい、ぽつぽつと目立ってしまう可能性もあります。

男性用のコンシーラーがたくさん販売されていますので、肌の色に合わせて上手に選びましょう。

カバー力が高いものなら厚く塗らなくてもさっとシミが隠せるメリットがあります。

 

② メンズ用ファンデーション

引用元:NULL 公式サイト

ファンデーションを使うのは抵抗があるという男性は多いと思いますが、シミを隠すだけでなく乾燥肌の保湿をしたり、ひげ剃り後の青々した肌を整えるメリットもあります。

ニキビ跡などの凹凸を隠すカバー力の高いメンズ用ファンデーションもありますので、肌色に合わせて上手に使いましょう。

ファンデーションを使った後は必ずクレンジング剤を使い、毛穴のなかから汚れを綺麗に落としニキビ原因にならないように注意してください。

 

【消す方法】

③ シミを消すアイテム→Men’sケシミン

引用元:Amazon

男性のシミ対策として人気があるMen’sケシミンは、メラニン色素を抑制するビタミンC誘導体を配合したクリームで、角質層の奥からじっくりシミ原因を改善する効果があります。

寝る前に使うと肌の新陳代謝にメリットがあり血行促進にもなるためシミがさらに消えやすくなるでしょう。

使い方は簡単、洗顔後の綺麗な肌にクリームを塗りこむだけ、すぐに効き目はありませんがコツコツとシミ対策をするときにはとても使いやすい医薬部外品です。

製薬会社から販売されているシミクリームは化粧品よりも効果があるので、濃いシミ対策にぜひ使ってみましょう。

 

④ レーザー治療

シミを手早く消すならレーザー治療を受けることも方法のひとつです。

黒い色に反応するレーザーをシミに照射して古い角質層をはがし、新陳代謝を強制的に行うもの。

時間のかかるスキンケアよりもすぐに効果がわかりますが、周囲にレーザー治療を受けたことがわかりやすいデメリットも。

またレーザー治療は費用がかかり、美容目的になりますので健康保険が適用できないことも覚えておかないといけません。予算や肌に与える負担など、あらかじめクリニックで相談してからじっくり検討してください。

引用元:ゴリラクリニック

 

関連記事ゴリラクリニックのシミ取り治療ってどんなことするの?実際の施術現場や料金のことなどを取材してきた!

 

 

まとめ

日焼けした肌がかっこいいと思った20代、今になってシミトラブルで悩んでいる方は早速肌に合わせたシミ対策をはじめてみませんか。

理想的なのはシミを作らないように予防すること、すでに目立つシミがある方も改善策を行えば将来の見た目年齢が若くなる可能性がありますよ。

なにもせずに放置してもシミが消えることはなくどんどん濃くなり数が増えるだけなので、まずはできることから早速スタートしましょう。

男性も女性に負けず美肌を意識した生活習慣を大切にしてくださいね。

 

関連記事男の顔にできた茶色いシミを消す3つの方法!本格的なシミ対策を始めよう。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集長:アベル
2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格

メンズクエスト編集長のアベルです。
体脂肪25%から9.6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。

もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。

また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。

カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

関連記事

  • 男の白髪を目立たなくする7つの方法!ちらほら増えだした白髪にはこんな対策を。

  • 中年男のいや~な加齢臭を抑える5つの対策方法。洗うだけじゃ治らない!

  • 秋冬になるとカサカサ粉を吹く乾燥肌の男の正しい洗顔方法とは?

  • 男は洗顔料を使わないほうが美肌になれる!?水洗顔のメリットとデメリット。

  • 男の顔にできた茶色いシミを消す3つの方法!本格的なシミ対策を始めよう。

  • 男も日焼け止めはマストアイテム!男性におススメの日焼け止め20選