1. TOP
  2. 肌の綺麗な男になる方法!今日から始められる9つの美容のコツ。

肌の綺麗な男になる方法!今日から始められる9つの美容のコツ。

 2016/06/27 メンズ美容・健康
  24,717 Views

肌が綺麗な男というのは、女性からの好感度はかなり高いです。

女性が男性を恋愛対象として見るときの最重要項目で挙げるのが、

清潔感があるかどうか」だからです。

たとえ顔がイケメンでも清潔感がなかったらその時点でアウトなのです。

そして清潔感があるかどうかというのが、最初の印象ではっきり分かるのが「顔」です。顔が、ニキビだらけ、テカっている、脂っぽい、カサカサしている、ブツブツがある、黒ずみが目立つ、など、顔が汚いだけで清潔感がないというレッテルを貼られてしまいます。顔のお肌のケアは他のどの部分よりも大切なのです。

ここでは「肌の綺麗な男」になるにはどんなことをしたらいいのか、美容のコツを9つ紹介していきます。肌の綺麗な清潔感のある男性になるために、今日から実践してみましょう!

Sponsored Link

はじめに

肌の皮膚の厚さってどれくらいか知っていますか?

man-945482_640

なんと、0.02mmしかありません。

とてもデリケートな部分なので、過度な刺激を与えてはいけません。

肌が荒れているときはしっかりとしたケアが必要ですし、普段でも紫外線やほこり、汗や皮脂、冬の乾燥・かゆみなど、肌の脅威になるものから守ることが大切です。

また、肌は日頃の生活を映す鏡のようなもので、肌荒れはカラダからの危険信号と考えておく必要があります。

不摂生を続けて日常生活が荒れていると、お肌にもその異常が出てきます。食生活や睡眠、ストレスなどが、肌荒れには密接に関係しているのです。

肌の綺麗な男になるには、単純に洗顔だけ丁寧にすればいいってわけではありません。洗顔方法から肌ケア、普段の食事のことまで様々な面で気を使う必要があります。

これから紹介する方法とご自分の普段の状況と比べてみて、改善策をみつけてみてください。

 

① 洗顔の水の温度は30度〜35度

drip-988480_640

正しい洗顔を行う上で、洗顔するときの水の温度はとても重要です。

熱すぎると、肌のバリア機能をしてくれている保護膜まで落としてしまいます。また、きめ細かいうるおいある肌を作ってくれる「セラミド」「NMF」といった保湿成分も落としてしまい、肌の乾燥やテカリ、毛穴の開きの原因になったり、紫外線や外の刺激から肌を守る事ができなくなってしまいます。

逆に冷たすぎると、毛穴が閉じてしまい皮脂汚れを落としきれずに、毛穴の詰まりやニキビの原因になってしまうのです。洗顔する水の適正温度は、「30度〜35度」が良いとされています。これは、肌に残っている無駄な皮脂が自然と溶け出す温度がこのくらいの温度だからです。

30度〜35度と言っても、水の温度をいちいち測るわけにはいきません。なので、目安で言うと「手で触って少し冷たく感じる程度のぬるま湯」といった具合です。

お風呂であればだいたいシャワーの温度は40度くらいなので、水の蛇口を少し足せば適温になります。

洗面所ではお湯と水を調節して、温かくもなく冷たくもない微妙な温度を見つけてみてください。それが30度〜35度くらいです。

 

② 洗顔回数は、多くても1日2回。

adaebacb295926543e3d1a7abf1dfa9e_s

肌を綺麗にするためだからと言って、洗顔フォームを使って1日に何度も洗顔するのは間違ったやり方です。

1日に何度も洗顔してしまうと、肌のバリア機能をしてくれている保護膜までも落としてしまうせいで、肌を痛めてしまう可能性があるからです。肌に必要な保護膜を落とさずに、過剰な皮脂や汚れだけを落とすのに必要な洗顔回数は、極端なオイリー肌ではない限り、1日1回だけで十分です。

そして1日1回の洗顔は必ず「夜」に行いましょう。人間の肌は夜寝ているあいだに肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がおこなわれて、健康な肌に生まれ変わっていくからです。

  • 朝は、30〜35度のぬるま湯だけで顔を洗う
  • 夜は、洗顔フォームでしっかり汚れを落とす

といった、朝・夜の洗顔をしておけば、綺麗な肌になる土台は作ることができます。

また、朝起きた時に肌のテカリが気になるのであれば、テカっている部分だけ洗顔フォームをつけて洗顔してみるといった、自分の肌の状態を見ながら洗顔回数や方法をいろいろと試してみると、綺麗な肌へさらに近づけるでしょう。

 

関連記事メンズ洗顔料[20代30代40代]年代別おすすめランキングTOP5!

 

 

③ 洗顔後の保水・保湿をしっかりする

Handsome naked man is smiling, holding aftershave lotion and applying it, on a dark background

綺麗な肌というのは、皮脂や水分のバランスが良い状態の肌です。

洗顔でしっかり汚れを落とした後は水分量も皮脂量もリセットされるので、肌への水分補給と保湿が大切になってきます。

メンズ化粧水も今や種類が多様化してきているので、どれを選んだらいいか迷ってしまうと思いますが、化粧水の本来の仕事はお肌の水分を補給することなので、値段が安くてたっぷり使えるものがオススメです。それは、値段が高い化粧水だと毎日チビチビしか使えず、いくら有効成分が入った化粧水だったとしても本来の化粧水の仕事である肌の水分補給がしっかりできないからです。

なので、値段が比較的安く、たっぷり使ってもかまわないものを選んで、お肌が手に吸い付くほどもっちりふっくらとなるまで、化粧水で水分を補給してあげることが大切なのです。

化粧水による水分補給のあとは、乳液も忘れずに。

乳液は肌の水分の蒸発を防ぐ役割があります。化粧水による水分補給の上に蓋をしてあげるのです。化粧水、乳液ともに、肌を叩いたりゴシゴシ擦り込んだりしてはいけません。肌を傷つけます。肌に染み込ませるように優しく乗せていく感覚で塗っていきましょう。

 

関連記事メンズ化粧水[20代30代40代]年代別おすすめランキングTOP5!

 

 

④ 肌に合った、正しい洗顔をする

綺麗な肌を作るには正しい洗顔方法が基本です。

Young man spraying water on his face over gray background

また、お肌に合った方法で洗顔をしないとかえって逆効果になってしまうこともあります。それぞれお肌のタイプ別に、おすすめの洗顔方法をまとめてみました。

① オイリー肌の人におすすめの洗顔方法

オイリー肌の人がなりやすい肌トラブル・・・赤ら顔、キメが粗い、テカリ、ニキビ、毛穴の詰まり、くすみ

皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、テカリやすいのが特徴です。

寝ているときでも過剰に皮脂が分泌されるので、表面に皮脂、角質などが無駄に残ってしまうことがあります。なので、オイリー肌の人は夜の洗顔だけではなく、朝も洗顔フォームをつかって洗顔することをおすすめします。

ただ、オイリー肌だからといってゴシゴシと強く洗いすぎてしまってはダメです。皮脂の取りすぎで皮膚が乾燥から守ろうとして皮脂の過剰分泌が起こってしまうからです。こうなると逆にテカリ肌になってしまうこともあるので、洗いすぎに注意しましょう。夜の洗顔は絶対必要ですが、朝は自身の肌の状態と相談して、水で洗うか、洗顔フォームで洗うか決めてみて、皮脂の取りすぎによる肌の乾燥を起こさないようにすることが重要です。

 

関連記事オイリー肌(脂性肌)に悩むメンズにおすすめの洗顔法&洗顔料TOP5!

 

② 混合肌の人におすすめの洗顔方法

混合肌の人がなりやすい肌トラブル

・皮脂が多い部分→ テカリ、ニキビ、毛穴の詰まり、キメが粗い

・乾燥してる部分→ ニキビ、かゆみ、ひび割れ、シワ、シミ

混合肌は、オイリーな部分と乾燥している部分が顔の部位によって異なる肌のことです。混合肌の特徴として一番多いのが、Tゾーン(おでこや鼻)は皮脂が多いのに対して、頬や口元や目元が乾燥してカサつきやすいというパターンです。

こういった場合は、顔の部位によってスキンケアを変える必要があります。夜は顔全体を洗顔フォームでしっかり洗って、朝はTゾーンのみを洗顔フォームをつかって洗い、他部分は水のみで洗うといったように、洗顔の仕方やケア方法をわけてみることをオススメします。

 

③ 乾燥肌の人におすすめの洗顔方法

乾燥肌の人がなりやすい肌トラブル・・・ニキビ、かゆみ、くすみ、ひび割れ、シワ、シミ

乾燥肌の人は、肌の水分量が少なくて肌がカサつきやすいのが特徴です。

健康な人の肌表面の水分量が30%なのに対して、乾燥肌の人は20%に満たない人も中にはいます。化粧水やクリームを塗っても時間が経つとすぐに肌がつっぱってきてしまうのも乾燥肌の人にはよくあることです。

また、乾燥肌の人は刺激にも弱いです。これは皮脂が少ない分、肌のバリア機能が低下しているからです。

洗顔で使う水の刺激やタオルの刺激でさえも肌トラブルを起こしてしまうこともあったりします。こういった人は、「蒸しタオル洗顔」がオススメです。顔に蒸しタオルを乗せてしっかりと毛穴を開かせて、皮脂を浮かせて、優しくふき取る、という洗顔方法です。

夜は洗顔フォームで丁寧に洗い、朝は蒸しタオル洗顔を試してみることをオススメします。

 

⑤ 年齢に合った、肌ケアをする

年齢を重ねると、肌の衰えもそうですが、肌質にも変化が出てきます

お肌の曲がり角というのが男性にもあり、それがだいたい30歳くらいと言われています。20代の頃はオイリー肌だった人でも、30代から混合肌や乾燥肌に傾いてくるケースもとても多いです。肌ケアも年齢によって変えていくことが大切です。

 

20代の肌ケア

20代の肌は、男性ホルモンの分泌が多く皮脂が過剰気味な傾向があります。

顔がテカリやすく、ニキビもできやすいです。皮脂汚れは洗顔でキチンと落とすことが重要です。

また汚れを落としたあとは、皮脂の過剰分泌を避けるために化粧水やローションでしっかり潤いを与えるようにしましょう。

 

30代の肌ケア

30代の肌は、男性ホルモンの分泌量が減り始めるので、皮脂量が低下してきます。

なので、部分的に乾燥したり、オイリー肌が残ったりして、混合肌になりやすいです。また老化も少しづつ進んでくる時期なので、シワやシミができやすくなったり、肌のハリや弾力が低下してきます。

オイリーな部分と乾燥している部分とで肌ケア方法を変える必要があります。

洗顔でキチンと汚れを落としたあとは、化粧水やローションで潤いを与えて、最後に乳液を使用します。乳液は水分の蒸発を抑える効果があるものなので、肌の乾燥部分に集中して塗るようにすると良いです。

またシワや肌の弾力が気になってきているのであれば、乳液の前に美容液を使うと効果的です。

 

40代の肌ケア

40代の肌は、皮脂の分泌量が30代の頃よりもさらに低下してきて、乾燥肌気味になります。

また肌のターンオーバーにかかるサイクルも長くなり、肌ダメージの修復時間も長くなってしまいます。シミやシワが一気に増え始めるのも40代あたりからです。

これまでの洗顔方法や化粧水、乳液などのケアは徹底しておこない、乾燥が特にひどくなってしまった場合には、クリームを使って保護するようにしましょう。

 

⑥ 睡眠をしっかりとる

綺麗な肌になるには、しっかりと睡眠をとることが欠かせません。

寝ている間に分泌される「成長ホルモン」には、代謝を促進して、お肌のハリやツヤを回復する作用をもたらしてくれます。

Handsome man sleeping in his bedroom. Man sleeping with alarm clock in foreground. Serene latin man sleeping peacefully.

ですが、睡眠時間が浅かったり、寝る時間が遅かったりしては、成長ホルモンはきちんと分泌してはくれません。そうなると、血流が悪くなってクマやくすみが出てきたり、肌のターンオーバーが正常におこなわれずに古い角質や汚れが溜まってしまって、ニキビや毛穴の開きなどが気になる肌になってしまうのです。

成長ホルモンは、午後10時〜午前2時の間のゴールデンタイムと呼ばれる時間に最も分泌されると言われています。なので、綺麗な肌になるためにはその間にしっかり寝るようにしましょう。

また、「眠り始めの3時間」が成長ホルモンの分泌が高くなるとも言われているので、成長ホルモンの分泌を最高にもっていくためには、夜10時か11時に寝るのがベストということです。

ただ現代のライフスタイルでは、毎日そんな早く眠るっていうのは難しいですよね。なので、その場合は睡眠時間よりも睡眠の質にこだわるようにしましょう。そうすれば成長ホルモンの分泌をしっかり促すことができます。

睡眠の質を良くする快眠方法について

寝る直前に食事をしない

usd-67411_640

食事をすると、体は消化するために内蔵を動かします。

内蔵が動いている状態では、しっかりと脳や身体が休まりません。

また食べてすぐ寝ると、消化したいという脳の伝達と、休みたいという体の状態とでバランスが取れなくなり、結果消化不良を起こしてしまう可能性があります。なので、寝る2時間前くらいには食事は済ませておくことが大切です。

テレビやスマホを寝る前に見ない

children-403582_640

寝る直前までテレビを見ていたりスマホをいじっていたりすると、明るい光のせいで体が朝と勘違いしてしまうことがあり、体内時計が狂ってしまいます。

そうなると、自律神経が乱れてしまい寝付きが悪くなってしまう原因となるのです。

寝る1時間前には、部屋を薄暗くしてテレビやスマホはつけないで体に寝るというサインを送ってあげましょう。寝付きはだいぶ良くなるはずです。

寝る前にお風呂に入る、ストレッチをする

bath-20480_640

お風呂に入ったり、ストレッチをしたりすることで、体はリラックスモードになるので眠気が出てくるようになります。寝る1時間前にはお風呂に入って、お風呂上りに全身のストレッチをするという習慣をつければ、寝付きが良くなり睡眠の質は上がるはずです。

 

⑦ タバコをやめる

タバコは百害あって一利なしです。肌にも悪い影響を与えます。

smoking-1347830_640

タバコには、4000種類もの化学物質を生み出すとも言われています。

またその中でも、ニコチン、一酸化炭素という有害物質が、肌にとても悪い影響を及ぼす有害物質として挙げられます。

一酸化炭素は、血液中の赤血球が酸素を取り込むのを妨げてしまうので血液が濁る原因となり、ニコチンは血管を収縮する作用があるので血流を妨げてしまいます。そして血液が濁り血流も悪くなると、全身に栄養素を運ぶことができなくなってしまうのです。

タバコの化学物質は壁が茶色く変色してしまうように、肌につくだけでも悪影響が出ると言われています。吸わないことはもちろんですが、近づかないようにすることも大切です。

 

⑧ バランスのとれた食事

blue-and-white-fish-1373207_640

外食続きで栄養が偏っていたり、添加物の多いコンビニ飯やファーストフードでのジャンクフードばかりだと、肌にはとても悪影響です。肌にとっての栄養は、普段口にする食べ物がとても関係しているからです。

綺麗な肌になるためには、バランスの良い食事と肌にいい栄養素をしっかり摂る必要があります。

発酵食品を摂る

c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s

発酵食品は、納豆、キムチ、ヨーグルトといったものです。

発酵食品を摂ることで、抗酸化効果、美白効果、保湿効果、デトックス効果、といった肌に良い作用をもたらしてくれます。発酵食品はまさに自然が作り出した「美容に欠かせない食べ物」なのです。

韓国人の男性アイドルがみんな肌がキレイなのは毎日キムチを食べているから、というのは当たっているのかもしれません。

野菜を多めに摂る

vegetables-573961_640

野菜に多く含まれるビタミンは、肌にとても良い栄養素です。

中でもオススメの栄養素を紹介します。

[ビタミンC]

ビタミンCが多く含まれているのは、レモンなどの柑橘フルーツ、キウイ、アボカド、トマト、白菜、パプリカといったものです。

ビタミンCを摂ることでシミなどの原因となるメラニンの生成を抑制したり、抗酸化作用があるので、ニキビなどの肌の乱れに対する抑制効果があります。

ビタミンCは体内で作り出すことができない栄養なので、積極的に摂り入れていくことが大切です。

[ビタミンE]

ビタミンEが多く含まれているのは、アーモンド、ナッツ類、ほうれん草、かぼちゃ、アボカド、といったものです。

ビタミンEには、高い抗酸化作用と血管の健康に役立つ栄養素として有名です。

血管を丈夫にして血液を運びやすくするので、肌の新陳代謝が活発になったり、肌のターンオーバーも促進される効果があります。

[リコピン]

リコピンが多く含まれているのは、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、赤パプリカ、といったものです。

リコピンには高い抗酸化作用があるので、紫外線などから取り込まれた体内の活性酸素の働きを抑制してくれて、くすみやシワなどの肌トラブルを防いでくれる効果があります。

アミノ酸(たんぱく質)を多めに摂る

abstract-1239434_640

アミノ酸が多く含まれているのは、酢、たまご、牛肉、豚肉、鶏肉、あじ、マグロ、カツオ、といったものです。

アミノ酸は血液を綺麗にして老化を防いでくれる効果や、新陳代謝を活発化して肌トラブルの抑制や美肌効果をもたらしてくれます。

また、体の20%はアミノ酸でつくられています。たんぱく質などのアミノ酸は人間が生きていく上で必要不可欠な成分なので、肌を綺麗にしたいのであれば積極的に摂り入れていくことをオススメします。

 

肌に良いとされる栄養素と食材を紹介してきましたが、これだけを意識して食事をするというのはとても難しいですし、そもそも食事がつまらなくなってしまいます。なので選り好みして食べることはやめて、「バランスのとれた食事」というのを意識してみましょう。

1日を通して、野菜が足りないなと思ったら夜に野菜を多めに摂ったり、魚を食べてないなと思ったら夜は魚料理を食べたりと、栄養が偏っていないかを毎日チェックして、足りない部分は夜の食事でカバーするという生活がバランスのとれた食事をするコツです。

 

⑨ 水をたくさん飲む

water-bottle-966681_640

水分バランスのとれた綺麗な肌になるためには、意識して水をたくさん飲むことが大切です。それは、体が水分不足になると肌の水分も不足してしまうからです。肌の水分不足は、乾燥肌やオイリー肌の原因になったり、血液の流れも悪くなるので、顔がむくんだり肌がくすんでしまう原因になることもあります。

尿や汗で体の水分は失われていくので、1日最低でも1.5リットル〜2リットルの水を飲むことをオススメします。

また朝の寝起きの1杯目に水を飲むことで、自律神経のバランスが整ったり、血流が改善して代謝がアップしたり、体にとても良い効果をもたらすと言われています。

朝から積極的に水をたくさん飲む生活を心がけてみましょう。

 

まとめ

肌の綺麗な男になる方法を9つのカテゴリにまとめて紹介してきました。

正しい肌ケアももちろん大事なのですが、規則正しい生活習慣というのも綺麗な肌になるにはとても大切です。

すべて今日から始められるものなので、コツコツ実践していけば肌の綺麗な清潔感のある男に近づけます。すべては女性からの好感度を上げるために!やってみましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部では、もっとカッコよくなりたい、人生を楽しみたい、20代後半~40代の男性向けに筋トレ、メンズ美容、健康、ファッション、趣味に関する情報をお届けします。

関連記事

  • あなたの肌は大丈夫!?やりがちな男の肌ケア10のNG行為

  • 昼にはすでにテカってしまう中年男の顔の皮脂を抑える方法7選!

  • メンズオールインワンジェルおすすめTOP10!男のスキンケアはこれ1本で完結!

  • GEEV(ジーヴ)の効果とは?実際に7日間使ってみたリアルな口コミ評価!

  • アラサー男を悩ます顎ニキビの原因と大人ニキビを治す3つのポイント!

  • 男も日焼け止めはマストアイテム!男性におススメの日焼け止め20選