1. TOP
  2. メンズ美容・健康
  3. ムダ毛処理・脱毛
  4. 男のムダ毛処理どうすればいい?部位別のおすすめ処理方法・アイテム11選

男のムダ毛処理どうすればいい?部位別のおすすめ処理方法・アイテム11選

「男の悩み」と言ったら、なにを想像しますか?

あるアンケートの調査結果を見ると、「肥満」や「健康」、「薄毛」、「体毛」が上位にありました。

一般的に年齢を重ねる毎に悩みになるものが多い中、体毛」という年齢に関係なく悩みになりえる項目が入っていました。物心ついたころから結構気にしていた体毛の濃さ。日本人は体毛が濃い人の方が少数ですし、肌の色に対して毛が黒いので余計に目立ちます。

例えば思春期の学生時代、処理したくてもしている人はいないし、処理した後に友人にからかわれたら恥ずかしいなど、男性は特にムダ毛を処理することに対して抵抗があるかと思います。そんな自分の体毛を異性がどう思っているか、気になりますよね。

今回は、男のムダ毛について女性はどう思っているのかということから、男のムダ毛の処理方法と合わせてご紹介します。

 

Sponsored Link

Contents

夏到来!楽しみのはずなのに憂鬱。。

夏といえば、外で楽しみたい季節ですよね。友人や彼女、デートを重ねている相手と海や花火大会に行ったり、ビアガーデンに行ったりと、きっと楽しい予定でワクワクしている人が多いと思います。お盆休みがあり、ボーナスが出てお金もあるので、余裕も後押ししてくれます。

そんな中、夏を100%心待ちにできていない人がいるのです。それは「体毛」に悩みを抱えた男性たち。脱ぎたいけど…周りの目が気になって…。

ちなみに、男性が気にしている体毛の部位は、ダントツ1位が鼻毛、その他ヒゲや耳毛など、普段人から見えているところが多いです。そういう意味で夏というのは見える範囲が広くなるので、体毛が濃い人にとっては胸毛やすね毛も対象になり、憂鬱な季節と言えそうです。

 

女性のほとんどは男性のムダ毛に嫌悪感を抱いている。。

美容外科が行った男性のムダ毛に関するアンケート調査(20~50代の女性約200名対象)によると、男性のムダ毛が気になると回答した女性はなんと90%!特に嫌なムダ毛の部位はやはり、鼻毛耳毛といった顔周りが上位にありました。

一方で「処理してほしい男性のムダ毛」というテーマでは、胸毛すね毛が上位にあり、鼻毛や耳毛はありませんでした。おそらく、鼻毛などは処理することが「当たり前」な部位。胸毛やすね毛は見えている時が少ないので、そもそもどの程度あるか不明ということもあり、嫌なムダ毛の部位として出てこなかったと予想できますが、女性たちは処理することを願っているという結果です。

 

きれいにムダ毛処理するには?

人間全身いたるところから毛が生えていますが、鼻毛のように穴の中にあるものもあれば、細さや長さも部位によってさまざま。

髪を切る用のハサミ、眉毛を切る用のハサミが存在することでわかるように、その部位に適した処理方法が存在し、それらを使い分けることで、きれいにムダ毛処理をすることができます

 

男のムダ毛処理、おすすめ方法・アイテム11選

ここから男のムダ毛処理のおすすめ方法、アイテムについて紹介していきます。部位別に分けてあるので、悩んでいる部位に適した処理方法を見つけてみてください。

 

[全身・デリケートゾーンのムダ毛処理におすすめ]

 

① 脱毛サロンで処理する

もちはもち屋に。安心安全が第一という方には脱毛サロンをおすすめします。脱毛サロンはお肌へのダメージを最小限に抑えたレーザー照射で脱毛を行うため、比較的痛みが少ない脱毛施術を受けることができます

また永久脱毛するまでは長い期間通う必要があるのですが、自然に薄くしたいという部位の場合には、手軽に通えてムダ毛を自然な濃さに調整することも可能です。

その中で、人気の2つのメンズ脱毛サロンをご紹介します。

 

メンズ脱毛専門店RINKーリンクスー

北海道から九州まで、全国に41店舗を構えるメンズ専門脱毛サロン。メンズ専門というだけあり、男性スタッフがカウンセリングと施術を行っているので、相談がしやすいという人もいるのではないでしょうか。

顔のほほから、足の指まで施術箇所は細かく分かれており、上半身や下半身といったセットプランもあり、まとめて施術だと料金が割安になるというもの。純国産脱毛機メーカーと共同開発した「INNOVATION」と呼ばれる男性専用オリジナル脱毛機を使用しており、従来の脱毛機を凌ぐ結果を出している。

脱毛部位によりそれぞれ割引キャンペーンを実施しているので、値段も比較的安く受けられるのも人気の理由です。

 

 

 

メンズエステ ラ・パルレ

2002年に業界初の上場を果たした老舗エステサロン。全国に24店舗を構えている。スピード3D脱毛という肌の表面を冷やしながら光を照射する肌への負担を抑えた脱毛方法を使用しています。

ラパルレでは初回限定キャンペーンで、全身どこでも1ヶ所の脱毛が1000円でお試しできます。脱毛サロンでの脱毛が初めての方におすすめです。

 

 

 

② 脱毛クリニックで処理する

脱毛クリニックで行う脱毛は医療脱毛と言い、医師の診察を受け、有資格者が施術する脱毛です。

安全面でおすすめできて、また永久脱毛をしたいなら脱毛クリニックのほうが施術回数も少なくできて料金も安価に済むケースが多いです。

 

男性専用の総合美容クリニック ゴリラクリニック

芸能人をプロモーションに起用し、実際に芸能人が通うクリニックとしても知られています。店舗は都内に4店舗、横浜、名古屋、大阪の計7店舗。

脱毛サロンとは違い、医療機関のみが行える、医療レーザーによる永久脱毛が可能。レーザーによる脱毛は「痛み」が強いですが、3種類の麻酔を用意し、痛みを抑える取り組みも万全です

 

 

 

脱毛サロンと脱毛クリニックに共通して言えることですが、メリットは、専門家や医師が施術をするので、自分でやるよりもきれいにできて、肌を傷つけてしまうなどのリスクも少なくできるところです。デメリットはいろんな場所に店があるといっても通わなければいけない手間がまず上げられます。

脱毛サロン・クリニックに通う頻度は「毛周期」という1ヶ月~2ヶ月に1回くる毛が生え変わる成長期のタイミングに合わせて行うことが基本です。タイミングが合わず、予約がどんどん先延ばしになってしまうこともあるでしょう。また、コストは高く、どの程度までやるかによって変わりますが、しっかり通って永久脱毛するまで施術する場合は1部位やるだけで約10万円程度がかかります。

 

脱毛って痛いの? どのくらい効果があるの? といった脱毛が初めての方は、まずは脱毛の体験コースがあるところがおすすめです。

関連記事すね毛脱毛の体験コースがある評判の良いメンズサロン・クリニック10選!はしご利用も可能。

 

 

[すね毛、腕毛、胸毛の処理におすすめ]

 

③ 家庭用脱毛器で自宅で処理する

脱毛サロンやクリニックのような脱毛をしたいけれど、通うのは恥ずかしい、面倒だという人に、家庭用脱毛機を2つご紹介します。

 

脱毛器 ケノン

敏感な日本人の肌のために作られた日本メーカーの商品。金額は69,800円/税込(ケノン公式

WEBサイト)。日本国内だけでケノンユーザーは50万人以上、なんとその内の43%は男性利用者。男性のムダ毛処理がいかに浸透しているか、このデータから見ることができます。

2週間に1回の頻度で使用するので、面倒くさがりの人でも継続できそうです。

 

 

 

光脱毛器 ツーピーエス

美容大国・韓国で製造されている自宅でスピーディにできる脱毛機。金額は34,800円/税込(楽天市場内参考)別売りの美顔カートリッジで美顔美肌ケアもできることも人気に繋がっています。人気女性誌Pococeにも取り上げられています。

 

 

 

家庭用脱毛器のメリットはなんと言っても、自宅で自分の好きなタイミングで、人の目を気にせずに脱毛できるということ。商品の価格は決して安くはありませんが、サロンやクリニックと比べるとコストパフォーマンスは良いと言えます。デメリットは商品を見てもらえるとイメージできると思いますが、自分の視界にある、手の届く範囲でないとうまく処理ができない点です。

すね毛や胸毛の処理には適していますが、背中やお尻のムダ毛処理は難しいかもしれません。

 

 

④ 除毛クリームを使う

肌にクリームを直接塗って、タオルでふき取るとクリームを塗った部分の毛がごっそり処理できる脱毛製品です。ドラッグストアなどで手軽に購入が可能です。

今回はその中でもおすすめの2つのメンズ用除毛クリームをご紹介します。

 

MONOVO ヘアリムーバークリーム

MONOVOは男性の悩みを解決するための商品を販売するブランドで、除毛クリーム以外にも薄毛対策のスカルプシャンプーや育毛剤を扱っています。価格は140グラムで2,980円

 

 

 

NULL リムーバークリーム

大手ECサイトでは、ジャンル1位を獲得するなど、メンズ除毛クリームの中で特に人気の商品です。価格は200グラムで2,698円。クリームを塗って、5~10分程度待ってからふき取るだけととても簡単。処理後には化粧水や保湿クリームを使用したアフターケアが必須です。

 

 

 

除毛クリームのメリットも、自宅で自分の好きなタイミングで、人の目を気にせずに脱毛できることです。価格も手が出しやすいので、試しやすい点も良いですね。デメリットは、人によっては肌に合わず、炎症が起こってしまうことがあることや、独特の臭いが気分を悪くする原因になってしまうことがあることが上げられます。

顔やデリケートゾーンには使えないので、腕や胸、足のムダ毛処理に適しています。

 

 

⑤ 脱毛石鹸を使う

呼んで字のごとく、脱毛効果が期待できる石鹸です。日々身体を洗うときにこの石鹸を使用することで、徐々に毛が薄くなるという優れもの。その中から、「メンズ専用脱毛石鹸」をご紹介します。

 

メンズ専用脱毛石鹸 K-Through(ケースルー)

海外のメンズモデルのムダ毛解消のために開発された初のメンズ専用脱毛石鹸。腕や足のボディだけでなく、ヒゲにも使用可能。いつもの感覚で顔全体を洗ってしまうと、おそらく眉毛が薄くなるのでご注意ください。いつものボディソープや石鹸を変えるだけなので、とても手軽に使えると評判も良く、口コミ評価も高い商品です。

 

石鹸という毎日利用するものの中に自然とムダ毛処理効果が加わるというのは、脱毛のためにプラスαする必要がないので大きなメリットです。デメリットは、個人的には価格が少々高いかなと感じます。

本商品はケースルー公式サイトのみで購入可能なのですが、先着300名限定1つ3,980円税抜き(2018年6月時点)で、通常価格は1つ9,800円します。また、毎日利用することで徐々に効果が出てくるものですので、使った直後に効果がほしいという人には向かないアイテムです。

 

 

⑥ 除毛スプレーを使う

除毛クリームのスプレー版です。処理したい箇所にスプレーをして、5分後にふき取るだけで処理できるというもの。TVやSNSでも話題の商品をご紹介します。

 

58秒に1本売れている除毛スプレー デリーモ

アロエエキスや天然成分配合のコラーゲン、カモミラエキス配合で肌に優しく、そしてスピーディに脱毛ができる商品。1つ、3,980円/税抜。試しやすく、除毛剤特有の臭いがなく、美肌効果まであるのが人気の秘訣。本商品も自分で処理する場合は、腕や足などの身体前面の部位への使用が適しています。(ボディ用の商品なのでヒゲには使用できません。)

こちらも個人的には少々コストが高いように思えます。というのも、スプレー1本でカバーできるのは片腕や片足のみ。つまり、身体全体的にスプレーで処理したいとなると、1回につき、6~7本必要になります。毛はすぐに生えてくるものなので、部分利用の方が向いていると思います。

 

 

⑦ 脱毛ワックスを使う

ワックスを直接肌に塗り、その上にペーパーを置き、勢いよくはがすというもの。処理後の見た目は除毛クリームやスプレーと同じですが、毛を溶かす除毛剤に対して、毛根から抜き取るのが脱毛ワックスです。

 

日本男性のための脱毛ワックス NULL ブラジリアンワックス

日本人男性の肌質に合わせて開発されたハチミツを主成分として作られた商品で、デリケートゾーンまで使用可能。所要時間は5~15分。通常価格1本4,980円。(NULL公式WEBサイト)

手軽に処理できることに加え、毛を根元から抜くので除毛に比べてツルツルの期間が長いことがメリットです。ただ、ペーパーをはがす時の角度によってはうまく毛が抜けないことや、肌を痛める可能性があるので注意が必要です。

なお、除毛クリーム・スプレーにも同じことが言えますが、使用後の肌はツルツルになりますので、毛を「減らしたい人」にはオススメできません。

 

 

 

⑧ すきカミソリ・バリカン

販売サイト:Amazon

どちらもすね毛処理に適したアイテムです。購入しやすく価格も安い、簡単で身近な処理方法。毛が短くなってチクチクするのが気になるかもしれませんが、ムダ毛処理初心者にはオススメの方法です。バリカンを使用する際はアタッチメントの長さに注意しましょう。

 

⑨ 脱色する

販売サイト:Amazon

これまでの処理方法とは異なり、毛を「減らす」ではなく、毛を肌の色に近づけることで目立たせなくする方法です。簡単にできる方法なので手軽さはオススメです。しかし、体毛が黒くないことの違和感から、逆に目立ってしまうかもしれませんので、慎重に検討してください。

 

[鼻毛・ヒゲ・耳毛・眉など顔まわりのムダ毛処理におすすめ]

 

⑩ エチケットカッター

販売サイト:Amazon

顔周りのムダ毛処理用アイテムで、ドラッグストアなどで1,000円程度で購入可能です。細かい部分の毛を処理するのに適しています。前述しましたが、女性が最も嫌うムダ毛のダントツ1位は「鼻毛」です。顔は常に見られる部分ですので、徹底処理しましょう。

 

⑪ 抑毛ローション

毛の成長に関係する男性ホルモンを抑えることで体毛を細くしたり、毛を生えにくくする効果があるローション。使用を続けることで徐々に毛が薄くなっていくイメージです。以下人気商品2つをご紹介します。

 

パイナップル豆乳ローション

累計販売本数388万本の人気商品。普段使いの化粧水として使用できて、ムダ毛対策にもなっている。人気女性誌のムダ毛ケア部門で1位の実績を持っています。公式サイトでは、初回半額キャンペーンを実施中。100mlで1,350円。

 

 

 

ゼロファクター

濃いヒゲをなんとかしたい、ヒゲ悩み対策として人気の商品です。ヒゲを剃った後のアフターケアとして利用することで、ヒゲやムダ毛の過剰活性をセーブする成分入り。初回1本なんと980円!(ゼロファクター公式WEBサイト)天然美肌成分配合のアフターケアローションで、痛みもないので、試す価値アリです。

 

 

 

どちらの商品も肌に影響がないどころか、むしろ美肌効果があり、プラス抑毛効果があるので、安心して使用できます。しかし、いつ効果が出るかは人それぞれ。「明日海に行くので、今日中に処理したい」という人は他の方法をトライしましょう。

 

 

ムダ毛処理でおすすめしない方法。

ムダ毛の処理でやってはいけない、おすすめしない方法について紹介します。

 

① 毛を抜く

毛を抜くと、毛を生やすための毛乳頭にダメージを与え、毛は生えにくくなると言われている一方で、「埋没毛(埋もれ毛)」という本来皮膚の外に伸びていくはずの毛が外に出られず、皮膚の中で伸びてしまっている状態(皮膚の下にくるくると渦巻いて黒いブツブツに見える)が起こる可能性があります。埋没毛になると、対処法は放置になるため、すぐに治すことができません。いつの間にか皮膚の外に出てなくなっているようですが、どれくらい時間がかかるかは不明。痛みも伴いますので、毛を「抜く」ことはオススメしません。

 

② 剃る

私たちの身体は肌を守ろうとして、カミソリなどで刺激を与えられると体毛を濃くするように働きかけます。そのため、毛をカミソリなどで剃ると、生えてくる毛は濃くなります。剃ってもすぐに生えてきてチクチクする点と、万一肌に傷を付けてしまうと、傷が残ったり、そこからバイ菌が入ってしまうなどのリスクもあります。剃って毛が濃くなった後に、別の方法でムダ毛処理する場合にも、効果のスピードや痛みの増加にも繋がるので、「剃る」こともオススメしません。

 

普段の生活の中からできる、ムダ毛対策。

ムダ毛を処理するだけではなく、普段の生活の中からできるムダ毛抑制方法もあります。意識して実践してみてください。

 

① 生活習慣の改善

男性ホルモンの分泌量増加に影響している「ストレス」の軽減がやはり重要だと言えそうです。なんでも良いので、自分にあったストレス発散方法を見つけましょう

また、タバコは女性ホルモンを減少させてしまうので、ムダ毛を濃くする原因になります。健康のためにも、本数を減らす、もしくは禁煙に挑戦してみてはいかがですか。タバコをやめることで、ムダ毛処理の費用も捻出可能です。

睡眠不足も男性ホルモンを増やす原因の1つです。毎日規則的な睡眠を取りましょう

 

② 食生活の改善

女性ホルモンの分泌をサポートするのは「ビタミンE」。かぼちゃやブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜やナッツ類、たらこ、イクラ、うなぎなどに多く含まれています。特に男性はなかなか摂取できていない人が多いのではないでしょうか?ぜひ、意識して食事に取り入れてみてください。

 

関連記事髭を薄くする効果が期待できるサプリメント5選!普段の食事にプラスしてひげ対策。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

男のムダ毛について女子がどう感じているか知らなかった、知らないムダ毛の処理方法があったなど、発見があった方!夏休み前にきれいなすね毛にしてから、ハーフパンツや水着を着て、さわやかな男になりましょう。ぜひ、自分に合いそうな処理方法をトライしてみてください。

 

関連記事メンズのすね毛脱毛おすすめサロン・クリニック12社を比較。今年の夏はイケてる足でかっこよく!

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集長:アベル
2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格

メンズクエスト編集長のアベルです。
体脂肪25%から9.6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。

もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。

また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。

カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

関連記事

  • 男のすね毛脱色 (染める)!2つのおすすめクリームと注意する点まとめ。

  • メンズのすね毛脱毛おすすめサロン・クリニック12社を比較。今年の夏はイケてる足でかっこよく!

  • 女子ウケNO.1のすね毛とは?おすすめのすね毛処理アイテム・方法も紹介!

  • 夏の男のすね毛処理方法6選。自然にバレずにかっこよくハーフパンツを着こなしたい!

  • すね毛脱毛の体験コースがある評判の良いメンズサロン・クリニック10選!はしご利用も可能。

  • 男のすね毛を綺麗にする10の方法!ナチュラル処理とツルツル処理どちらが良い?