1. TOP
  2. 歯の黄ばみを取る6つの対策方法!黄ばんでしまう原因や白い歯を保つ方法も紹介!

歯の黄ばみを取る6つの対策方法!黄ばんでしまう原因や白い歯を保つ方法も紹介!

歯ブラシした後に鏡に「いーっ」としたら、歯が黄ばんでいるのを見て思わず嫌な気持ちになりませんか?

黄ばみが一度気になると人と話をすることすら恐怖を感じてしまいます。
歯の黄ばみは一般的な汚れとは違い、力任せにごしごしこすると歯のエナメル質を破壊してしまう恐れがあります。

真っ白くて素敵な歯にする為には、歯の黄ばみ原因を把握して適切な対処をしないといけません。
歯は私たちの健康を司る大切な役割がありますが、白い輝く歯にするためにはどんな点を注意した良いか、原因と対策について見ていきましょう。

Sponsored Link

そもそも、なぜ歯は黄ばんでしまうのか?

歯の黄ばみって何が原因なのか、その正体はステインと呼ばれる汚れです。
食べ物やたばこのヤニなど普段の生活の中で蓄積していく色素が歯の黄ばみとなります。
では考えられる原因について見ていきましょう。

① 食べ物や飲み物による着色汚れ

色素の濃い食べ物やコーヒー・お茶などのポリフェノールが原因となります。
普段何気なく食べる物にはブドウや炭酸飲料など色素が強いものが色々ありますよ。

② タバコ

タバコのヤニは歯の表面だけでなく裏側にも黄色い汚れとなり歯に付着します。
長期間喫煙習慣がある人ほど歯の黄ばみが濃くなる傾向があります。

③ 間違った歯磨きの仕方

しっかり歯磨きができていない場合、もしくは逆に力を入れてブラッシングする場合も歯のエナメル質が傷つき、そこに食べ物などの色素が残りやすくなります。

④ 遺伝や生まれつきによるもの

人間の歯の色は生まれつき若干異なります。
エナメル質が厚い人よりも薄い人の方が象牙質が透けて見える為、汚れているように見えてしまいます。

⑤ 病気や薬によるもの

乳歯の間にテトラサイクリンという抗生剤を飲むと歯の黄ばみが残る場合があります。大人も服用する薬や病気により歯が黄ばむことがあります。

⑥ 加齢によるもの

年齢とともにエナメル質が薄くなるので、歯の黄ばみが強調されることもあります。

⑦ 金属によるもの

歯の治療で使用する金属が唾液で溶け出して歯の黄ばみ原因になる場合があります。

⑧ 歯石の着色

しっかり歯磨きをしないと歯石がたまり歯の黄ばみ原因になることがあります。

⑨ 虫歯

虫歯は歯のみがき残しがあるサイン。虫歯の菌により歯のエナメル質が変色する場合もあります。

 

歯の黄ばみを取る6つの対策方法を紹介!

これまで歯が黄ばんでしまう原因について見てきましたが、歯の黄ばみを取るには一体どんな対策方法があるのかここから紹介していきます。

① 歯を白くする歯磨き粉を使う

歯のホワイトニングを歯科院でやるのはお金がかかりますよね。自分で簡単にできる方法があれば一番手軽で安心です。

まずは歯の黄ばみを取る定番の方法としてホワイトニング歯磨き粉があります。
色々な種類がありますが、「薬用ハイドロキシアバタイト」という成分は歯の表面を平らににし着色しないよう予防する働きがあります。この成分の含有量が多い効き目のある歯磨き粉は主に歯医者さんで販売されていますよ。

基本的なホワイトニングだけでなく、さらに「マクロゴール400」という成分をプラスした歯磨きはたばこのヤニを溶かす働きがありますので、喫煙者にもピッタリです。ほかにも口臭予防の殺菌成分入りなど色々な機能性を持ったホワイトニング歯磨き粉がありますので、自分の悩みに合わせて選ぶとよいでしょう。

またコツとして歯の黄ばみを取るには、フッ素で最後に仕上げをするとエナメル質を強化する効果があります。フッ素コートジェルと呼ばれるものが販売されていますので、いつもの歯磨きと併用して使いましょう。

ホワイトニング歯磨き粉はこれだけで十分効果が期待できそうなのですが、使用の際には注意したいメリットとデメリットがあります。

まずメリットはホワイトニング歯磨き粉は歯科クリニックで行う施術よりも低コストでできること。また虫歯予防にもなりますので口腔ケアにメリットになります。

では知っておくべきデメリットですが、ホワイトニング歯磨き粉は商品の質や歯磨きのやり方などにより効果に個人差がありますので、必ず歯が真っ白になるとは限りません。また自分で歯の黄ばみを取る方法は継続しないと効果を実感できない為、途中で挫折してしまうこともあります。

今人気の歯を白くする歯磨き粉についてはこちらの記事で詳しく紹介しています

関連記事男の歯を白くする歯磨き粉&ホワイトニングジェルおすすめTOP25選!

 

 

② 重曹を使う

市販の歯磨き粉の中には「重曹」が含まれたものがあり、歯の黄ばみを取る効果が高いといわれています。重曹はたばこのヤニ、歯の黄ばみや黒ずみを落とす働きがあります。
では重曹はどうやって使うと効果があるのか早速詳しく見ていきましょう。

重曹を使った歯磨きの方法 

歯ブラシに重曹をひとつかみふりかけて、いつも通りに歯を磨きます。
もしくはいつも使っている歯磨き粉に重曹を少々プラスしてもよいでしょう。

重曹を使ってうがいする方法 

重曹をスプーン1杯約3g程度を500mlの水に混ぜておき、この水でうがいをしましょう。

重曹を使うメリットとデメリットについて

重曹を使う歯の黄ばみを取る方法は、とても低コストでできる点が魅力ですね。
一般的にスーパーで販売されている重曹は100gで100円程度ですからコスパがとても良いメリットがあります。歯医者に通う手間もなくいつでも自分でできる方法である点も嬉しいですね。

ではデメリットですが、重曹は研磨剤としての働きがありますので、強く歯をブラッシングするとエナメル質にダメージを与える可能性があります。ホワイトニング効果は歯の黄ばみの強度によっても異なりますので、効果は人それぞれです。
自己流の歯磨きで歯を傷めないように重曹を使用する時は十分注意をしましょう。

 

③ 歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムは黄ばみを取る効果があり、近年とても話題になっています。
コーヒーや食べ物によるステイン、たばこのヤニなどブラッシングだけで取れない黄ばみ対策として人気があります。

歯の消しゴムの使い方ですが、まず歯と消しゴムの水分を取り、汚れている部位を優しくこすっていきます。使用後は歯ブラシと同様に水でうがいをすれば完了。消しゴムの汚れは1㎜程度切り落としておきましょう。

歯の消しゴムのメリットは簡単にどこでも使用ができる事や、携帯できるので外出先でも使用がOK

デメリットは消しゴムを使いすぎると歯を痛める可能性がありますし、歯茎にダメージを加えてしまう場合もあります。こすりすぎると逆に歯の黄ばみ原因になることもあるのでご注意くださいね。

また歯の消しゴムだけで真っ白になるワケではなく、効果も人それぞれですから普段の歯磨き生活に上手くプラスするとよいでしょう。

 

④ ホワイトニングペンを使う

歯を白くさせるアイテムのひとつとして、ホワイトニングペンが人気となっています。
ペンタイプで歯に塗るだけで黄ばみが白くなるため、あらゆる場面で愛用されているようですね。

使い方はとても簡単で、歯の黄ばみ部分に直接ペンで薬剤を塗布するだけ。塗った後にもう一度上塗りをすると効果が出やすくなります。

1分~2分程度そのままの状態で放置したら、最後に歯ブラシで綺麗に汚れを落とします。

ホワイトニングペンのメリットは利用方法がとても簡単で、どこでも使える点です。値段は1本2500円程度の商品が多く普段の歯磨きにプラスしている方も増えていますよね。

デメリットはホワイトニング成分の効き目が持続しないこと、そして効果に個人がある点です。若干値段が高めに感じる商品が多いので、購入するのも勇気がいるかもしれませんね。

 

⑤ 歯医者さんでホワイトニングしてもらう

歯の黄ばみを本格的に白くするならばやっぱり歯科医で対処するのが一番確実な方法です。

具体的にどのような方法があるのか、早速見ていきましょう。

① PMTC (歯のクリーニング)

クリーニング専門の歯科医で受けるPMTCは着色した歯の黄ばみだけでなく、普段のブラッシングで取れない歯石や歯垢までもきれいにクリーニングすることができます。そのため虫歯の早期発見など歯の健康維持として定期的に行うことで、美しく丈夫な歯を維持できます。

② ホームホワイトニング

自宅で専門的なホワイトニングをする方法で、歯医者さんでマウスピースを作りホワイトニング用の専用のキットを使い自分でケアをします。
料金は3万円~5万円。効果が1年以上持続するのはメリットですが、効果を実感するまでに2週間ほどかかる点がデメリットです。

⓷ オフィスホワイトニング

歯医者さんでホワイトニングの専用機械で光を照射する施術です。早く効果が実感できることや自分でケアする手間がない点がメリット。
デメリットは費用が高く歯1本につき3000円程度かかってしまいます。また半年ほどしか効果が続きません。

④デュアルホワイトニング

この方法はホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの二つを併用します。そのため効果がどちらか一つよりも大変良く、芸能人なみに歯が白くなるという評判もあります。
効果が高いメリットだけでなく、注意したいデメリットはホワイトニング中は食べ物に注意しないといけない点や費用が高額になることがあります。

 

⑥ 歯医者さんでホワイトニング以外の治療をしてもらう

歯のホワイトニングはステインなど表面についた黄ばみを落とす方法ですが、虫歯による黒ずみ、生まれつき歯の黄ばみがある場合はホワイトニングではなく他の方法で白くしないといけません。

①ウォーキングブリーチ

歯の神経が死んでいる状態や抜いた場合は徐々に歯の内部が黒ずんでしまいます。
この方法は別名インターナルブリーチとも呼ばれ、歯の中に薬剤を入れて白くします。しかしこの方法は対応する歯科医院が少なくセラミックによる審美治療が主流となっています。

② セラミック

短時間で確実に白くする方法として、陶器製のかぶせものや、詰め物を使用して白くする方法です。
デメリットは歯を削る処置が必要になりますので、歯が弱くなり寿命が短くなってしまう負担があります。また実費治療で高額になり、歯科医の腕によっても効果が異なってしまいます。

③ラミネートべニア

セラミックの板を前歯に張り付ける方法。
一般的なセラミック治療と比較すると歯を削る量が少ない点がメリットですが、かみ合わせがうまくいかなくなる場合や、虫歯になりやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

④ダイレクトボンディング

歯を削らずレジンと呼ばれるプラスチックを歯に盛り付ける方法です。
一日で治療ができる点や歯の負担が少ない点はメリットですが、長年使用すると変色するデメリットがあり、また保険適用されない治療方法でもあります。

⑤ 歯のマニュキュア

爪に塗るマニキュアと同じ発想で、歯の黄ばみに白い塗料を塗る方法です。
今ではこの施術をする歯科医院が少なく、市販の歯のマニキュアを使って自分で色を付けることが可能ですが、自然な仕上がりにならないデメリットもあります。

 

歯の黄ばみに悩まずに、歯の白さを継続的に保つ方法

調味料ではわさびやケチャップ、ソースや醤油なども歯の黄ばみ原因となります。

そして一番厄介なのがたばこのヤニ。
歯の表面が黄色くなるだけでなくたばこは口臭原因にもなりますので、エチケット、そして健康を考慮して控えることが大切ですね。

このような歯の黄ばみの要因となるものは生活のなかに色々潜み、食べ物の場合はどうしても避けられないことがありますよね。

そんな時は食後の歯磨き習慣を心がけましょう。
日頃からホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使って丁寧に磨くこと、歯間ブラシで歯の隙間にたまる色素もしっかり取り除くと安心です。

歯の黄ばみは一度色素沈着すると簡単に白くするのは難しいのですが、あまり神経質にならずに歯を白くキープする為にはこまめな歯磨きなどセルフケアが重要ですね。

 

まとめ

真っ白な歯はとても魅力的で、自然と毎日が笑顔になりそうですね。

そのためには早めに黄ばみ対策を始め、時間をかけてコツコツと毎日ケアをすることが大切です。

定期的な歯科検診と合わせ普段から口腔ケアを意識して、歯の黄ばみを取る習慣をはじめましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部では、もっとカッコよくなりたい、人生を楽しみたい、20代後半~40代の男性向けに筋トレ、メンズ美容、健康、ファッション、趣味に関する情報をお届けします。

関連記事

  • 塩とレモンで歯が白くなる!?裏技とも言える食材ホワイトニング法の真相とは?

  • 自宅で出来るだけ簡単にお金をかけずに歯を白くする方法8選!

  • 芸能人はなぜ歯が白い?男性芸能人が密かにしている歯を白くする方法7選!

  • 重曹で歯は白くなるのか?重曹が歯にもたらす効能についてまとめました。

  • 歯のヤニを取る8つの方法!自宅ケアから歯医者のメニューまでまとめて紹介!

  • 歯を白くする効果が期待できる食べ物11選!歯を汚す食べ物も紹介!