1. TOP
  2. 筋トレ
  3. レイザーラモンHGの筋肉をつくる筋トレメニュー・食事を徹底解剖!

レイザーラモンHGの筋肉をつくる筋トレメニュー・食事を徹底解剖!

お笑い芸人の中でもひと際いい体をしているのが、「レイザーラモンHG」。

最近ではあの奇抜な恰好をすることも少なくなり、素顔と自慢の筋肉を見せてTV出演することが多くなり、お笑いの仕事以外にも、モデルの仕事、ボディメイクの大会など、活躍の場を広げています。

それにしても、芸能界や各方面での仕事の忙しさの中であんな筋肉美を作り上げるのはとても大変なことです。

今回は、レイザーラモンHGのような理想とも言える細マッチョな体型になるにはどうすればいいのか?
また、レイザーラモンHGの筋トレメニュー、食事についてまとめてみました。

 

レイザーラモンHG愛用サプリ「HMBアルティメイト」の詳細を知りたい方は、下記ページで紹介しています。

関連記事レイザーラモンHG愛用のHMBアルティメイトの効果、口コミ!他のサプリとの比較も!

 

レイザーラモンHGのプロフィール

画像引用元:NAVERまとめ

本名:住谷 正樹 (すみたに まさき)

生年月日:1975年12月18日(41歳)※2017年7月現在

血液型:B型

出身地:兵庫県加古郡播磨町

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

小学校から高校までサッカー一筋の少年時代を過ごし、なんと中学校の頃には今と同じくらいの身長があり「ヘディングでは誰にも負けなかった」とのこと。

そして高校卒業後は関西の名門大学、同志社大学に進学。ここで同志社プロレス同盟に所属して学生プロレスに熱中。後に相方となるレイザーラモンRGともこの同好会で出会い、お笑いコンビ「レイザーラモン」を結成する。

そして大学卒業後に吉本新喜劇に入団し、ある劇場イベントに出ていたときにレイザーラモンHGがサングラスをかけて腰を激しくグラインドしていたのを見て、ケンドーコバヤシが「お前はハードゲイか!」とツッコんだことが後のハードゲイキャラの誕生と言われている。

ブレイクのきっかけは「爆笑問題のバク天!」という番組。リッキーマーティンのBGMにサングラスと全身黒のエナメルの奇抜な衣装で登場し、腰をグラインドさせて「フォー!」と叫びながら両手を挙げるというお決まりの芸風で一躍社会現象となり、2005年には流行語大賞トップテンにも選出されました。

2006年には元グラビアタレントの鈴木杏奈さんと結婚し、またプロレス興行ハッスルにも出場するようになる。

2009年にはプロレスの興行で、かかとを粉砕骨折するという大けがをして、芸能活動を休止。翌年には復帰し、ここからは素顔を見せコンビとして漫才に取り組む姿を積極的に見せるようになり、あのハードゲイキャラはだんだんとTVで見る機会が減っていきました。

またお笑いの仕事をする傍ら、プロレス時代からやっていた筋トレとボディメイクをさらに本格的にやるようになり、2014年にはベストボディジャパン関東オープン大会で優勝をするほど。

今現在もかなり本気で取り組まれていて、筋肉芸人、ゴールドジム芸人という芸人カテゴリーでも一目置かれる存在となっていて、また現役のボディビルチャンピオンと対談をするくらい筋肉業界でもまた有名となっています。

 

レイザーラモンの身長と体重、体脂肪率ってどれくらい?

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

気になるレイザーラモンHGの身体データです。

身長:185cm

体重:72kg~73kg

体脂肪率:8%

学生時代にプロレスをやっていた頃は、技や衝撃に耐えうる体になるべくして一時は体重が92kgもあったそうです。
またハッスルでのプロレスラー時代のプロフィールに載っている体重を見ても88kgと書かれています。

しかし、今現在の体重は72kg~73kg。プロレスをやめてから身体を絞るようになり、またベストボディジャパンなどの大会に出るようになってからこの体重をキープしています。

BMI指数が19~20くらいの標準の数値で、体脂肪率が10%以下というのはまさにアスリート体型、細マッチョの理想体型。

身長も185cmと高く、筋肉のバランスも良く、素顔もイケメン、「お笑い界のクリスティアーノ・ロナウド」と言えるべき肉体美の持ち主と言えます。

 

レイザーラモンの筋肉美をつくる筋トレメニューとは?

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

これだけの肉体を作り上げるには一体どんな筋トレをしているのか気になります。
そこでレイザーラモンHGの筋トレメニューについて触れていきます。

ちなみにレイザーラモンHGの筋トレメニューについては、人気バラエティ番組アメトーークの「ゴールドジム芸人」に出演していた際に細かく紹介していたので、ここではそれを参考にしてどんな筋トレをしているのかについて紹介します。

まずこちらがTVで紹介した実際の筋トレメニューです。

画像引用元:体質が変われば人生も変わる!

背中+腕+腹筋の日と、胸+足+腹筋の日の、2パターンの筋トレメニューです。
ここには肩を鍛える日が載っていないので、おそらくこれ以外の筋トレメニューもあると考えられます。

そう考えると、かなりたくさんの種類の筋トレをしていると思ってしまいますが、実はボディビルの世界ではこれくらいは普通にこなす筋トレメニューです。あらゆる細かい筋肉部位まで鍛えることで綺麗で美しい筋肉を作り出すことができるからです。

ここでレイザーラモンHGの筋トレメニューの特徴について触れていきます。

① 部位別に鍛える

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

レイザーラモンHGの肉体美の秘訣には、細かく部位別に鍛えていることが挙げられます。

一気に全身を鍛えるとなると疲れて最後まで追い込むことが難しくなり、また筋トレメニューを最後までこなすのに相当な時間がかかってしまいます。そこで、一つ一つの部位を限界まで追い込み、また細かい部分まで鍛えられるように、そして比較的短時間で終えられるように部位別に鍛えるのが効率的なのです。

また紹介した画像では、「背中+腕+腹筋」の日とありますが、この中に書いてある腕とは上腕二頭筋のことです。力こぶを出すときの部位です。おそらく視聴者に分かりやすく「腕」と書いたんだと思いますが、細かく言うと上腕二頭筋です。
なので、おそらく上腕三頭筋(腕の外側)は、別の日に鍛える日を設けているか、胸の筋トレの日と一緒に鍛えると思われます。

このようにレイザーラモンHGの肉体美は、細かく部位別に鍛えることで作り上げられているわけですが、これをそっくり真似することは少し難しいかもしれません。それはレイザーラモンの筋トレのペースが週4~5回だからこそできることだからです。

週4~5回もジムに通えないという人は、まずは「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」のBIG3の筋トレをメインにメニューを組んでいくことをおすすめします。

週3回ジムに通えるなら、「胸の日 (ベンチプレス)」「脚の日(スクワット)」「背中の日(デッドリフト)」といったように大きい筋肉を鍛える日を決めてそこから細かい部位の筋トレメニューを増やしていくか、

週2回ジムに通えるなら、「上半身の日」「下半身の日」、または全身の筋トレを週2回といった感じで、「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」のBIG3のメニューをこなしていくことができれば、それだけでかなりいい体に仕上がることができます、

 

② 筋トレ器具を使い分ける

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

レイザーラモンHGの肉体美は、細かく部位別に鍛えるだけではなく筋トレ器具をうまく使い分けていることも大きく関係しています。

例えば背中のトレーニングですが、ラットプルダウンを3種目行っています。ラットプルダウンとは上方にあるバーを下に引くことで背中が鍛えられるメニューなのですが、背中の細かい部位を鍛えるために、通常のパラレルラットバーだけではなく、ロープリーハンドルを使うなどして、アタッチメントバーを変えて多角的に背中を鍛えています。

また胸のトレーニングでは、バーベルでベンチプレスやインクラインベンチプレスを行った後に、ダンベルを使ったインクラインベンチプレスを行っています。
バーベルで重い重量を扱った後に、可動域を広げて新しい刺激を与えるためにダンベルを使った筋トレをしているのです。

筋トレ器具を使い分けてより細かい部位まで鍛え、また筋肉の発達のマンネリを防ぐためにバーベルやダンベルそれぞれを活用して筋肉にアプローチしていることも、あの肉体美を作っている理由と言えます。

 

③ 腹筋トレーニングは高頻度で

レイザーラモンHGの筋トレメニューを見て分かるのが、腹筋トレーニングは必ず毎回行っているということです。
背中・腕を鍛えた日も腹筋トレーニング、胸・脚を鍛えた日も腹筋トレーニングを必ず行っています。

これは「腹筋が回復速度の速い筋肉」ということを分かっているからこそやっているんだと思います。

腹筋はお腹全体を覆っていて骨とつながっているポイントも多く、また血行の良い場所にあるという特徴から、疲労や損傷からの回復速度が早いという性質があるのです。

また腹筋トレーニングもただクランチ (定番の腹筋動作)を行っているのではなく、アブコースターで腹筋の下部、ワイパーで腹斜筋、ドラゴンフラッグで腹筋全体、といったようにこれまた腹筋の細かい部分にアプローチした筋トレを行っています。

中でもドラゴンフラッグという種目は普通の人なら1回もできないくらい相当ハードな腹筋トレーニングです。それを筋トレの最後の種目に持ってくるというのもとても真似できない部分です。

このようにレイザーラモンHGの筋肉美の秘訣は、高頻度の腹筋トレーニングにより体幹がしっかり鍛え上げられたことにより、高強度の様々なトレーニングにも耐えらえ、また綺麗な6パックの腹筋を作り上げることができるのです。

 

④ さまざまなジムに通っている

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

レイザーラモンHGはさまざまなジムに通っています。ゴールドジムであったり、他のスポーツクラブ、また1回100円の市営ジムに行ったりと、一つのジムだけで通い続けるということはありません。

それは筋トレのマンネリ化を防ぐためだから、とレイザーラモンHGが語っています。
筋トレで一番ダメなことはマンネリ化であり、一つのジムに通っていると運動も限られてきて、トレーニングの順番も決まってきてしまい、筋肉への刺激が行きづらくなってしまうからです。

常に向上心を持って筋トレを行うため、また常に新しい刺激を求めて筋トレを行うためにさまざまなジムに通っていることも、レイザーラモンHGの肉体美を作る大きな要因と考えられます。

また最近では短期間で爆発的な運動をすることで身体能力を高めるクロスフィットというトレーニングにも通っていて、見せかけではない筋肉作りにも果敢に取り組んでいます。

 

⑤ 週4~5回、一度に1時間半~2時間のトレーニング

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

芸人が本業ですが、トレーニングができないと気持ち悪くなってしまくらい筋トレにのめり込んでいて、週4~5回、一度に1時間半~2時間のトレーニングをしているそうです。

仕事が忙しくても、早起きしてジムに行ったり、仕事の後の深夜に行ったり、また子供を学校へ送ってそのままジムに行って、それから仕事に出かけたりと、ジムへ行く時間を作るように努力しています。

お笑いとジムの比率は、「6:4でジム通いのほうが比率が上」とも言っており、このストイックさと筋トレへの変態さがあの肉体美を作っているのだと思います。

 

レイザーラモンHGの筋肉を作り上げる食事メニューとは?

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

体作りには筋トレよりも食事がとても重要です。筋トレ1割、食事9割、とも言われるほど食事が占める重要度は高いです。
それではレイザーラモンHGは一体どんな食事を摂っているのでしょうか。

ここでは、レイザーラモンHGがボディビル日本チャンピオンと対談したときの内容を元にまとめてみました。

① 積極的に摂っている栄養素は「タンパク質」

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

レイザーラモンHGが意識して取っている栄養素は、とにかく「タンパク質」です。筋トレをやっている人なら当たり前とも言えることですが、しっかり意識して食べているようです。

特にタンパク源として食べているのは、「鶏肉」「魚」「大豆」。ちなみに牛肉はお腹をくだしてしまうという理由から苦手だったそうですが、最近ではステーキなどの肉料理の写真をインスタに投稿しているのを見ると、克服したのかもしれません。
また牛乳も全く飲まないそうで、飲むなら無調整豆乳を選んで飲んでいるようです。

 

② ラーメン、焼肉は3年以上食べていない

体を絞るようになってから、美味しさよりも栄養素を重視して食事を摂るようになり、カロリーの高いもの、脂質の多いものは食べなくなったそうで、ラーメンや焼肉は3年以上も食べていません。

他にも油を多く使う中華料理も食べなくなったそうで、ラーメンに半チャーハンという最強に美味しいコンビも今では恐ろしくて食べないのだそうです。

 

③ 炭水化物もしっかり摂る

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

レイザーラモンHGは、体を絞ったり体重をキープするときもしっかり炭水化物は摂るようにしています。
そうしないとパワーも出ずにトレーニングに集中できなくなってしまうからです。

ただし炭水化物がエネルギーとして使われない寝る前にとったりはせずに、朝や昼の食事の際にしっかり摂るようにしているそうです。

 

④ 奥様の手料理もしっかり食べる

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

食事管理には奥様の協力もかなりあるそうで、できるだけヘルシーにまた筋肉に良い食事メニューを作っているそうです。大会前にはリクエストに答えた筋肉に良い栄養価のお弁当を作ってくれたりもしています。

結婚した当初は奥様も全く料理ができなかったのですが、お料理教室に通い始めて一つ一つ料理ができるようになり、今では自分量であっという間に作れるようになり、大人と子供と味付けをを変えて作れるようにもなったんだそうです。

また美味しさだけでなく、栄養価も意識して料理が作れるようになり、レイザーラモンHGの肉体を支える大きな原動力になっているのは間違いないようです。

 

⑤ 筋トレ前後にはプロテイン

普段の食生活からだけではタンパク質や筋肉に良い栄養素を十分に摂ることは難しいので、プロテインやサプリメントも活用しています。

ちなみに、アメトーークのゴールドジム芸人では、ゴールドジム・ホエイプロテインのリッチミルク風味をおすすめしていました。

画像引用元:ゴールドジム公式通販サイト

しかし、牛乳を飲まないレイザーラモンHGが、牛乳が原料であるホエイプロテインを飲むというのは少し考えづらく、大豆を原料としたプロテインを販売していないゴールドジムとの大人の事情から、ホエイプロテインの中で選ぶならおすすめはどれかというので、ホエイプロテインリッチミルク風味をおすすめしたんではないかと考えられます。

おそらく普段は、大豆を原料としたソイプロテインを筋トレ前後に飲んでいると思われます。

 

⑥ 筋肉サプリメントを愛用

レイザーラモンHGは、プロテインだけでなく様々なサプリメントも上手に摂取しています。
中でも、数年前から注目し始めたサプリメントが「HMB」。

HMBは、プロテインを摂取した後に筋肉に最も重要なアミノ酸が分解されて、そこからまた分解されてできる成分です。

言わば筋肉にダイレクトに吸収される栄養成分です。
HMBを摂ることでトレーニング中のアミノ酸不足から筋肉を守り、筋肉の増強、回復を効率よくサポートしてくれます。

その中で、レイザーラモンHGが愛用しているサプリメントなのが「HMBアルティメイト」です。

たった8粒でプロテイン約20杯分のHMBを摂ることができて、筋肉の分解を防ぎ回復を促すBCAA、筋肉増加をサポートするグルタミン、栄養素の吸収力を上げるバイオペリンなどを配合し、総合的な筋肉サプリメントとして日々の筋トレをサポートしています。

レイザーラモンHGのように筋トレ、食事管理にプラスして筋肉サプリメントも活用することで、体作りをさらにパワーアップさせてくれます。

HMBアルティメイトは、初回1か月分が500円で購入できて、しかも120日間の全額返金保証が付いています。
返金保証も付いていて安心して購入できます。興味のある方はこの機会に試してみてください。

>>HMBアルティメイトの公式サイトはこちらから

 

関連記事レイザーラモンHG愛用のHMBアルティメイトの効果、口コミ!他のサプリとの比較も!

 

 

レイザーラモンHGの筋肉、ここが凄い!

① 綺麗な形をした大胸筋

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

レイザーラモンHGの大胸筋は、上部、下部もしっかり盛り上がっており、とても綺麗な形をしています。
これは胸のトレーニングでも、ベンチプレス、インクラインベンチプレス、インクラインダンベルプレス、バタフライと、細かくアプローチして筋トレをしている賜物と言えます。

筋トレメニューから見て分かるのが、特に重視しているのは胸の上部です。減量をすると真っ先に痩せていく部分がここなので、インクラインのメニューを2種目やっているんだと思います。
逆に胸の下部のトレーニングはあまりやっていないのは、鍛えすぎると胸が垂れたようになってしまうのを考えてのことかと思われます。

 

② 広背筋がデカい

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

身長のデカさだけではなく、広背筋のデカさもレイザーラモンHGの特徴の一つです。
「〇〇フォー!!」という両手を挙げたお決まりのHGのポーズを見てシルエットでわかるのが、広背筋のデカさです。

背中の筋肉は大きい筋肉で鍛えるのが難しい部位でもあるのですが、しっかりトレーニングして筋肥大させているのが分かります。

それは筋トレメニューでも見てとれて、アタッチメントバーを替えての3種類のラットプルダウン、ロープリーロー、ワンハンドローイングと、背中のトレーニングは特に重視してやっています。
このようにさまざまな種目で多角的に背中に刺激を与えることで、バランスが良くデカい広背筋が作られているのでしょう。

 

③ 腹筋もバキバキ

画像引用元:レイザーラモンHG instagram

腹筋トレーニングを高頻度で行っているだけあって、レイザーラモンHGの腹筋はバキバキです。

腹筋というのは元々割れているものであって、体脂肪率を10%以下にまで落とせば誰でも割れているのが分かるようになるものなのですが、レイザーラモンHGの腹筋は一つ一つの腹筋が盛り上がっていて、しっかりトレーニングをしている事が見て分かります。

ハードなトレーニングをしているボディビル選手の多くは腹筋トレーニングをしない人が多いのですが(他のトレーニングだけで腹筋が十分鍛えられるから)、レイザーラモンHGが高頻度で腹筋トレーニングをしているのを考えると、もしかしたらお腹に脂肪がつきやすいタイプなのかもしれません。

 

④ キュッと上がったお尻

HGの衣装を着ていると特に分かるのが、お尻の筋肉です。垂れたお尻ではなく、キュッと上がった綺麗なお尻をしています。

上半身のほうが見た目的に筋肉の発達が良く分かるので、下半身の筋トレを全くしないトレーニーもいるのですが、レイザーラモンHGのあのお尻を見るだけでしっかり下半身の筋トレもしていることが分かります。

筋トレメニューには、レッグプレス、レッグカール、レッグエクステンション、カーフレイズと、バランス良く鍛えているのが見てとれますが、スクワットやランジ、ブルガリアンスクワットなども取り入れているのではないでしょうか。

 

⑤ セクシーな大腰筋

画像引用元:従者ヨシコ芸能ブログ

レイザーラモンHGの下腹部、脚の付け根部分は線がくっきりと浮き出ています。
これは内臓よりも深部にある大腰筋 (インナーマッスル)が発達、肥大することで、腹部全体が押し出され張り出してくるからです。

この下腹部のくっきり浮き出た線があるだけで、男のセクシー度がかなり増します。

走る競技のスポーツ選手、または水泳選手が発達する筋肉なのですが、レイザーラモンHGはそれにも負けず劣らずの筋肉の発達が見てとれます。
アブコースター、ワイパー、ドラゴンフラッグなど、大腰筋にも効く腹筋の筋トレを行っている賜物かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お笑い界のベストボディ、レイザーラモンHGの筋トレや食事について紹介してきましたが、
やはりあれだけの肉体美を作るには並大抵の努力だけでは叶わないことが分かります。

仕事があろうが忙しかろうが筋トレができる時間を見つけ、また美味しさよりも栄養素を重視した食事に変えることで、常にあの体をキープできているという理由が分かりました。

しかし全部を真似することはできなくても、自分にできることから始めてみればレイザーラモンHGのような体に近づくことは必ずできます。
生活習慣を変え、筋トレ、食事、サプリメントの摂取など、実践できることから始め、あなたも肉体改造をスタートしてみませんか?

 

関連記事レイザーラモンHG愛用のHMBアルティメイトの効果、口コミ!他のサプリとの比較も!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部では、もっとカッコよくなりたい、人生を楽しみたい、20代後半~40代の男性向けに筋トレ、メンズ美容、健康、ファッション、趣味に関する情報をお届けします。


関連記事

  • 細マッチョになるための食事の秘訣8選!モテる体は食べ物で9割決まる!

  • 体脂肪を減らして筋肉をつけるための食事や筋トレの絶対ルール10選!

  • 筋トレのモチベーションが上がる筋トレYoutuber動画9選!

  • 女性が触りたいと思う男の筋肉ランキング。モテる筋肉の部位とは?

  • GACKTの細マッチョの筋肉美をつくる筋トレ・食事メニューを徹底解剖!

  • クレアチンアルティメイトスーパーボディメイクの効果・口コミ!実際に飲んでみた感想。