1. TOP
  2. メンズ美容・健康
  3. 痛風の悩み
  4. 痛風になりやすいタイプはこんな人!痛風予備軍の特徴10選。

痛風になりやすいタイプはこんな人!痛風予備軍の特徴10選。

痛風を予防するにはどうすればいいでしょうか。

痛風といえばよく連想されるプリン体を避ければいいでしょうか。

実は、プリン体だけを避けても、性格や生活習慣によっても、痛風の発症リスクが高まるとされています

今回の記事では、痛風になりやすい特徴をまとめましたので、あなたの性格や生活習慣と照らし合わせ痛風予防に役立ててください。

 

Sponsored Link

痛風ってどんな病気?

痛風は、体内に増えすぎた『尿酸』が関節や組織で結晶化し、炎症を起こすことで発症する病気です。

特徴として、ある日突然足の関節などが激痛に襲われ数日間痛みが続く痛風発作があります。

尿酸は、プリン体が分解されることで体内で生成され、血液に溶けて運ばれ尿に混じって対外へ排出されます。

通常では、一定の量が生成され、一定の量を排出することで体内の尿酸の量のバランスを保ちますしが、尿酸の生産が過剰になるか、排出量の減少、またはその両方が起こると体内の尿酸の量が増えていきます。

こうして量が増えると、血液に溶けきることができない尿酸が出てきます。

その結果、血液に溶けなかった尿酸が関節などに留まり結晶化、痛風発作として発症します。

そのため痛風において最も重要なのが、血液に含まれる尿酸の値である『尿酸値』です。

この尿酸値で基準にするべきなのが7.0mg/dlという値です。

7.0mg/dlは、尿酸が血液に溶けきる最大の値で、この数値より高ければ溶けきれていない尿酸が出てきているということになります。

また、この7.0mg/dlより数値が高いと『高尿酸血症』とされ、痛風の一歩手前の状態となります。

高尿酸血症は自覚症状のない病気ですが、尿酸値が改善されないままですと、尿酸の結晶化は進み痛風発作として痛風を発症します。

痛風発作には、足の裏の痺れや足の指に鈍痛、違和感といった初期症状を自覚できる場合があります。

しかし、多くの場合は、ある日突然襲われる激痛で初めて痛風という存在を認知します。

痛風は、発作に至るまでなかなか自覚することが難しいので血液検査での尿酸値が最も重要です。

これからご紹介する痛風予備軍の特徴に当てはまる方は、血液検査をお勧めします。

また、いつ爆発するかわからない痛風ですが、恐ろしいのは突発的な激痛だけではありません。

突然襲ってきた激痛ですが、実は数日後には痛みが嘘だったかのように収まります。

しかし、痛みが静まったからといって治ったわけではありません。

放置すると確実に悪化していき、より重度な痛風発作がまた訪れます

濃度が高いままの血液中の尿酸は、様々な箇所で結晶化し大きくなっていきます。

すると次第に、発作の箇所や感じる痛み、頻度が増えていきます。

それだけではなく、後ほどお伝えする生活習慣病や、尿路結石、腎不全といった合併症への恐れもあります。

痛風は絶対に放置してはいけない病気です。そのためには、痛風になりやすい特徴を把握し、自身に当てはまるものを改善し予防していきましょう。

 

痛風は圧倒的に男性に多い!

痛風患者は、男性が約95%以上を占めています。

なぜこれほど男性の割合が圧倒的に多いのでしょう。

それは、女性ホルモンには腎臓からの尿酸の排出を促す働きがあり、尿酸値の基準値が男性より低いことが挙げられます。

痛風は、女性もなりますが男性の方が圧倒的になりやすく気をつけなければならない病気です。

また、男性痛風患者を年齢別に見ると、最も多いのが30代、次いで40代です。

男性全体としても痛風患者数は増加傾向なので、現時点からの予防が必要です。

 

それでは、どんな男性が痛風になる危険性が高い「痛風予備軍」なのか、ここから紹介していきます。

 

痛風になりやすいタイプはこんな人!痛風予備軍の特徴。

 

① 食べ過ぎ

普段の生活で、食事の量が多い人や他の人から指摘を受けたことがある人は要注意です。

尿酸に分解される体内のプリン体は、食事からの摂取が20%、体内生産が80%程度です。

食べる量が多いと、その分摂取されるプリン体も多くなりがちです。

そこに、体内生産されたプリン体も合わさり、尿酸の生成が過剰になります。

なので、食べ過ぎの食事が続くと尿酸値も上昇していき痛風へと繋がります。

また食べ過ぎは、肥満にも繋がる恐れがあります。

後ほど詳しくお伝えしますが、肥満と痛風はとても高い関係性を持っています

食事時間や噛む回数を増やしたり一口の量を減らすなど、早めに満腹する工夫をして食べる量を減らしていきましょう。

 

② コンビニや外食が多い

普段からコンビニや外食が多い人も注意が必要です。

料理を選ぶ際、どうしてもおいしそうなものを選んでしまいがちです。

コンビニや外食は、見た目や味を重視しており栄養価のバランスを欠いているものが多いです。

そういった料理はカロリーが高く、こちらも肥満に繋がりやすいです。

頻度を減らしたりサラダも付けたりと、カロリーの摂取量と栄養のバランスを整えるようにしましょう。


③ 激しいスポーツ、運動を行っている

適度な運動は心身への健康に良いですが、過剰になると悪影響になり痛風にも繋がってしまいます。

運動により発汗量が増えると体内の水分が減り、尿酸を排出する尿の量も減ります。

また、過剰な運動は有酸素運動から無酸素運動の状態にします。

無酸素運動の状態は、尿酸の生成を促進させてしまいます。

このように、過剰な運動は尿酸の過剰生産・排出の妨げとなり尿酸値の上昇そして痛風発症の恐れがあります。

とはいっても、適切な運動は痛風や生活習慣病の予防にとても効果が期待できます。

こまめな水分補給を欠かさず、無理をしない範囲で運動を続けていきましょう。

 

④ サウナが大好き

大量の汗をかいて体内の老廃物を出して、血流が良くなっていくのも実感してとてもスッキリする。

というサウナをよく利用する人も痛風予防の観点からですと要注意です。

サウナで汗をかくことによって、体内の水分が減り、尿酸を排出する尿の量も減ります。

そしてそれだけでなく、短時間に大量の汗をかくことで血液中の水分も汗として対外へ排出されます。

その結果、血液中の尿酸の濃度が上がり尿酸値の急上昇に繋がります

サウナの前後は必ず水分補給を十分に行いましょう

 

⑤ アルコールが大好き

「アルコールは痛風発作の引き金になる」とよく表現されるほど痛風への影響が大きいです。

アルコールには、尿酸の生成を促進させる作用があります。

それだけではなく、腎臓の機能を低下させ尿酸の対外への排出量を減少させます。

飲酒をすると、尿酸の過剰生産と排出の減少が同時期に起こり、尿酸値が急激に上昇するのです。

このため飲酒をした翌日に痛風発作が起こることは珍しくなく、痛風発作の引き金として痛風への直接的な要因とされています。

最近ではプリン体が入っていないビールなどもあります。

しかし、飲酒自体が痛風に多大な悪影響を与えてしまうので注意しましょう。

痛風のことを考えると禁酒が最も望ましいですが、無理な禁酒はストレスに繋がってしまいます。

週に2日以上の休肝日を設けて、徐々に飲酒の量や頻度を減らしていきましょう。

 

⑥ 肥満

肥満もアルコールと同じく、痛風への影響が大きいです。

肥満度と尿酸値は比例することが多く、痛風発症者の6割以上が肥満であり、また痛風患者もなりやすい合併症の1つです。

肥満による内臓脂肪の増加は、尿酸の生産を促進させます

また、内臓脂肪の増加は腎臓の機能を低下させ尿酸の排出量の減少にも作用します。

痛風と関係性が高い肥満の改善が、痛風への予防にも繋がります。

日々の食事内容や量、食べ方の見直しや、運動の機会を増やすなどで肥満と痛風の改善・予防を行いましょう。

 

⑦ ストレスフルな生活をしている人

ストレスも、尿酸の生成の増加や排出量の減少の要因となります。

ストレスからの心身の緊張時間が増加することにより、エネルギーの消費量も増加し尿酸の生成が促進されます。

またストレスは、ホルモン分泌を変化させ尿酸の排出量の減少にも影響があるとされてます。

さらに、ストレスは暴飲暴食にも繋がりやすく痛風に大きな悪影響を及ぼします。

適度な運動や睡眠、趣味の時間を確保するなどストレスを溜めず発散するようにしていきましょう。

 

⑧ 責任感が強い人、リーダシップのとれる人

責任感が強い人や、リーダーシップのとれる人も痛風に要注意です。

こういった人はストレスを溜め込みやすい傾向があり、前述のとおり痛風に悪影響を及ぼします。

また、ストレスと同様に疲れも溜め込みやすい人が多いです。

疲れが溜まると、血管が収縮し尿酸を排出する腎臓の機能が低下してしまいます。

休息の時間の確保や他の人に頼る部分を増やしたりしましょう。

 

⑨ 家族に痛風の人がいる人

ご家族に痛風の人がいるという人は、自身も痛風への対策を心がけてください。

痛風自体が遺伝することはありません。

しかし、最新の遺伝子研究では、尿酸値に関わる遺伝子が発見されてきています

また、肥満になりやすいといった体質や、一緒に生活している場合は似た食生活になりやすいです。

ご家族に痛風の人がいるという人は、ご家族と共に自身の生活環境を見直してみることをお勧めします。

 

⑩ 腎臓や血液の病気の人

何らかの腎臓や血液の病気の人も痛風に気をつけてください。

腎臓に疾患を抱えると、腎臓が持つ機能が低下し尿酸の排出量が減少します。

また、血液の病気も腎臓の機能を低下させ、尿酸の排出量を減少させる可能性があります。

特に腎臓は、機能が失われてしまうと回復することがない場合が多いです。

可能な限り早期の治療を受けましょう。

 

痛風予備軍は、痛風だけではなく合併症にも注意!

痛風になりやすい人は、肥満糖尿病高血圧といった生活習慣病にもなりやすいので注意が必要です。

痛風になりやすい人と生活習慣病になりやすい人の生活習慣や環境は似ていることや、尿酸値の増加に伴い、血管への負担も増えるといったことが理由に挙げられます。

また、体内の関節に留まることで痛風発作を引き起こす尿酸の結晶ですが、この結晶が腎臓に留まれば腎臓病に、尿道に留まれば尿路結石という合併症も引き起こします。

痛風の予防は、そのまま生活習慣病や他の合併症の予防にもなりますので、生活習慣を見直すところから始めましょう。

 

まとめ

痛風は、痛風発作として発症するまで自覚症状がなくどうしても油断してしまいます。

痛風予防は、血液検査で尿酸値を確認することから始めるのをお勧めします。

これまでの人生で染み付いた性格や生活習慣をいきなり変えるのは難しいです。

今回ご紹介した痛風予備軍の特徴の部分を意識して、徐々に改善していきましょう。

 

痛風の予防策として、サプリメントを服用しておくのも有効な方法です。

関連記事痛風に効くサプリ7選!普段の食事にプラスして手軽に痛風予防・対策を。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

メンズクエストの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンズクエストの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集部

メンズクエスト編集長:アベル
2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格

メンズクエスト編集長のアベルです。
体脂肪25%から9.6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。

もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。

また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。

カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

関連記事

  • 痛風を自力で治す方法!病院に頼らずに自分でできる改善策10選。

  • ツライ痛みに効く!痛風に効く5つのツボとは?

  • 尿酸値を下げる食べ物・飲み物一覧まとめ!おすすめレシピも紹介。

  • 尿酸値が高いとどうなる?起こりえる病気と尿酸値を下げる対策法。

  • 痛風に良い食べ物・飲み物まとめ。痛風対策に積極的に食べた方がいいものとは?

  • 痛風に効くサプリ7選!普段の食事にプラスして手軽に痛風予防・対策を。